コラム

コンセントが抜けない非常事態!まずは落ち着いて原因を特定しよう

コンセントが抜けない非常事態!まずは落ち着いて原因を特定しよう

コンセントに挿したままだったプラグを抜こうとしたら、抜けず困った経験はありませんか?抜けないからといって無理に引き抜こうとするのはとても危険です。プラグが抜けないのにはいくつかの原因があります。見た目では判断できなくても、コンセント内でプラグや銅線に不具合が発生している場合もあるのです。

本コラムでは、コンセントが抜けなくなる原因と自分でできる対処法について紹介していきます。コンセントは電流が通っているので、事故を未然に防ぐためにも正しい方法で対処をおこないましょう。

コンセントプラグが抜けない原因とは

家電製品やゲームなどをする際に挿し込むコンセントプラグが抜けなくなる原因にはなにが考えられるのでしょうか。コンセントに不具合が生じている場合もあるため、無理に抜くことは危険です。

さらに近年ではコンセントにロックがかかる種類もあるので一度自宅のコンセントがどういった構造をしているかを確認してみましょう。

コンセントのプラグ部分が変形している

コンセントのプラグは薄い金属で構成されています。そのため、雑な抜き差しや、プラグ部分の上に重い家具を落とすなどの強い衝撃を与えてしまうと、変形してしまう場合があります。

プラグが変形したコンセントを使用することで、コンセント内で接触不良が生じ、場合によっては発火するおそれもあります。自宅のコンセントを確認した際に、プラグが曲がっていたらすぐに業者へ相談してください。

コンセントのプラスチック部分が溶解し、プラグと引っ付いている

コンセントプラグの金属部分以外はプラスチックでできていることが多いです。長時間刺したままにすることで熱をもち、一定以上の熱を帯びると溶解する危険性があります。そのため、溶解したプラスチックが知らぬうちにコンセントの穴に入ってしまうことがあるのです。

溶解したプラスチックは、運が悪いとコンセント内部でプラグと引っ付くことがあります。無理に引き抜こうとすると感電のリスクがあるため危険です。自力でおこなうのではなく、業者に依頼するようにしましょう。

コンセントロックがかかっている

コンセントが抜けない原因にはコンセントでのトラブル以外に、コンセントの構造が関連していることもあります。コンセントには普通に抜き差しができる種類のほかに、コンセントにさすことで自動にロックがかかる種類「ツイストロックコンセント」があります。

ツイストロックコンセントの場合は自分で抜くことができるため、一度自宅のコンセントの種類を確認してみてください。

ツイストロックコンセントとは

壁や天井などの平面でない場所で、コンセントのプラグが抜けるのを防止する際に活躍するコンセントです。電源が落ちると困る家電製品などで使用されることが多いです。

コンセントに挿し込んだ際に、時計回りに回すことでロックがかけられます。抜くときは反時計回りに回すことでプラグが外れるつくりです。一度挿し込むことでロックがかかる優れものですが、通常のコンセントに比べて挿し込み口の構造が弱いため、扱いには気をつけましょう。

また、長くコンセントを使用することで、プラグが曲がってしまう場合があります。変形したコンセントを使用し続けることで、コンセント内でプラグが接触不良を引き起こす可能性も考えられます。挿したままにせず、ときどき抜いて確認するようにしましょう。

コンセントに異変が起きている場合でも、自分で抜くことができるかもしれません。コンセントを自分で抜く場合は、感電などが発生する危険性を防ぐために必ずブレーカーを落としてからにしましょう。

ですがコンセントが抜けないトラブルは命にかかわる場合もあるため、まずは業者に相談することをおすすめします。

コンセントが抜けないときはまず業者に相談してください

コンセントが抜けないときはまず業者に相談してください

コンセントから抜けない理由にはロック機能のあるコンセントのほかに、プラグやコンセントを覆っているプラスチックに原因がある場合があります。

とくにプラスチックが溶解したコンセントを自分で抜こうとすると、感電の危険があるためとても危険です。自宅のコンセントで抜けない事態が発生した際には、すぐ業者へ依頼をしましょう。

コンセントが抜けなくなるのを防ぐにはどうする?

コンセントが抜けない理由として、コンセントのロック機能やプラグなどがあげられると紹介してきました。コンセントからプラグが抜けなくなるトラブルを未然に防ぐためにはどういった方法があるのでしょうか。実は多くの家庭でしてしまいがちな“あの状況”がトラブルの発端となってしまうのです。

使用できる最大ワット数を上回らないようにする

コンセントをたくさん使用するからと、テーブルタップにいくつものコンセントをつなげた「たこ足配線」になっている家庭はありませんか。テーブルタップは一度にいくつものコンセントをつなげることが可能のためとても便利です。

しかし対応できる消費電力の許容量を上回ることで、異常発熱が生じて発火する危険があります。事前にテーブルタップで許容できるワット数を確認しておきましょう。

コンセントのプラグが歪んでいたら早急に交換する

コンセントそのものを交換する場合は、電流に触れる危険性があるため電気工事士の資格が必須となります。しかし、家電のプラグ交換に資格は不要です。コンセントにプラグを接続さえしていなければ電気が通っていないので、工具などの準備さえできれば、安全かつ短時間で交換できます。

ここからはコンセントのプラグの交換方法について紹介します。自宅で歪んでいるコンセントがある際はぜひ参考にしてください。

1.プラグの根元で電線をカット

プラグの根元付近を、ニッパーやはさみなどで電線を切り離します。電線を切り離したら、電線を覆っているカバーを約2センチ剥いて銅線を出し、右回りに強くよじります。

2.銅線をネジに巻き付ける

新しいプラグカバーをひらくと、ネジが2つあるので銅線をそれぞれに巻き付けましょう。巻き付ける際は、銅線同士が接触しないように気をつけてください。

接触したままコンセントにさすと、ショートすることがあり火災の原因になる場合があります。巻き付け終えたら、ネジをしめプラグカバーを取り付けてください。

最近はわざと抜き挿ししにくい構造になっているプラグが多い

最近はわざと抜き差ししにくい構造になっているプラグが多い

実はコンセント周りの事故は、年間いくつも発生しています。事故の原因は「コンセントの接続不良」、そして「トラッキング現象」があげられます。トラッキング現象とは、プラグとコンセントの間に本来はないはずの放電できてしまう道ができてしまい発火する現象のことを指します。具体的にいえば、水気やホコリなどがプラグとコンセントの間に溜まってしまい、発熱して絶縁体を溶かしてしまうのです。

そういったコンセントでの事故を防ぐために、シャッター構造を採用しているプラグが多くなっています。

事故を防ぐためのシャッター構造とは

シャッター構造とは、正面から真っ直ぐにプラグを挿し込む構造のことです。プラグを斜めから挿し込むことで、変形してしまいコンセント内で接触不良が起きる場合があります。さらにコンセントは長年使用することで、プラグが緩んでしまうことがあるのです。

シャッター構造を取り入れることでプラグを真っ直ぐ挿し込まなければならないため、それらを防止することができます。

近年ではプラグを楽に抜くことのできるアダプターなども販売されているため、抜き挿しが固くて困難な子どもや高齢の方でも簡単に扱うことが可能です。

なぜシャッター構造を採用しているのか

プラグの抜き差しがしづらくなってしまうのにシャッター構造を採用しているのはなぜなのか。コンセントで起きやすいトラブルとしてトラッキング現象があげられます。

トラッキング現象とは、コンセントとプラグの間にホコリや汚れが溜まった状態で水気を帯びて漏電し、発火を引き起こす現象です。トラッキング現象を防止するために、コンセントとプラグの間に隙間をつくらせないシャッター構造を採用していることになります。

まとめ

コンセントが抜けなくなると、どうしたらいいのかわからず不安になります。コンセントが抜けない原因には、プラグの変形やコンセントで発生した熱によるプラスチックの溶解が考えられます。

ほかにもコンセントの種類によって、ロック機能がついている場合もあるので一度確認をしてみてください。

自分で対処が出来る場合もありますが、無理に引き抜いてしまうことで事故が起きる危険性もあるためまずは業者に相談をすることをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103