コラム

キッチンのコンセント|数が足りないのは不便?増設する際の注意点

キッチンのコンセント|数が足りないのは不便?増設する際の注意点

キッチンまわりでコンセントを使うときに「コードが届かない」「数が足りない」などの不満を持つことがよくあります。「新築時に、よく考えてコンセントを取り付けておけばよかった」と後悔することもあるでしょう。

コンセントは、簡単な工事で増設することができます。ただし、専門知識を必要とする工事ですので、安易に自分で増設するのは危険です。本コラムでは、コンセントの増設をしたい場合にはどうすればよいのかについて詳しく説明します。また、コンセント増設の際に気をつけるポイントや使用時の注意点も紹介しますので参考にしてみてください。

キッチンにコンセントが足りないのは不便……

キッチンまわりでは、コンセントの数が足りなくて困ることがたびたびありますね。炊飯器や湯沸かしポットなど、常時コンセントにつなぎっぱなしで使用する家電も多くあります。調理中にホットプレートやブレンダー、ミキサーなどの調理家電を併用することの多い家庭では、とくにコンセントの数が足りないという不便を感じやすいでしょう。

具体的には、以下のような悩みを抱えている方が多いです。

コンセントの位置が高すぎて届かない

キッチンに吊戸棚がある場合、戸棚の下にコンセントの差込口がついていることが一般的です。水濡れによる感電防止のために、高い位置に取り付けられているのですが、家電によってはコードが短くて届かないことがあります。また、ぶら下がった状態のコードが丸見えで、リビング方向からの見栄えが悪くなるというデメリットもあります。

コンセントが棚などの家具の後ろにあって届かない

食器用戸棚やカップボードを置いてしまうと、後ろのコンセントを塞いでしまい、使えなくなることもあります。食器戸棚やカップボードにコードを通すための穴が空いていて、差込口がついているものもありますが、ワット数の上限があって、使える調理家電が限られてしまうこともあるでしょう。

延長コードが必要なため、足を引っかけやすい

家電についているケーブルはあまり長くありません。そのため、コンセントから離れた場所で使用するときは、必然的に延長コードを使用することになります。人の出入りの多いキッチンまわりで延長コードを使うと、邪魔になるうえ引っかけて転ぶなどの危険を伴います。

家電を使用する場所の近くにコンセントがなくて困る

ホットプレートやブレンダー、ジューサーなどは、使用時のみ調理台の上やキッチンカウンターの上で使うというご家庭が多いでしょう。とくに対面式やアイランドタイプのキッチンの場合は、双方向にコンセントがあれば便利です。しかし、片側にしかコンセントがない場合は、コンセントを使用するたびに、反対側へ回り込む手間がかかります。

コンセントを増設する際の注意点

コンセントを増設する際の注意点

コンセントを増設するだけで、キッチンでの調理がスムーズになるのは間違いありません。ただ、コンセントを増設する際には知っておくべき注意点がいくつかあります。

電気工事士でないと配線には手を出せない

コンセントの増設は、短時間でできる工事です。しかし、壁の内部にある配線の工事が含まれるため、電気工事士の資格がないとできません。電気工事のできるリフォーム業者などに依頼して施行してもらうことをおすすめします。

コンセントの高さが重要となる

コンセントの増設をする場合には、取り付ける高さに気を付けるとよいでしょう。作業中に手の届きやすい腰のあたりの高さにすると、使いやすくなります。ただ、油はねの心配があるコンロ周りや、水はねしやすい水道周りに設置するのは危険です。高すぎず低すぎず、安全で使いやすい場所を選びましょう。

電気の使用量に注意!

消費電力の大きい調理家電を同時に使用することは避けた方がよいでしょう。一度に大量の電気を使用してしまうことを避けるためにも、コンセントの口数は2個までにしておくのがおすすめです。もちろん、タコ足配線にならないように気をつけてください。

増設にかかる費用相場

コンセントの増設にかかる費用は、近くに別のコンセントがあって、分岐できるかどうかによってちがってきます。どこから分岐するかについては、現地調査で相談してみてください。

近くのコンセントから分岐できる場合
費用相場:12,000円程度

分電盤から新しく配線を引く場合
費用相場:16,000円程度

上記の金額はあくまでも目安です。お住まいの地域や建物状況、業者の出張費用などによって価格は変動します。より詳しい費用をお求めなら、「見積り」を取りましょう。

増設に悩んだらプロに相談してみよう

コンセントの増設工事は簡単におこなえると考える方がいらっしゃるかもしれません。ですが、ブレーカーを落としてからおこなわないと危険な電気工事には電気工事士の私学が必要です。

しかも専門知識を持たない人が作業をおこなうと、感電や火災といった重大な事故を引き起こすこともあります。ですから、コンセントの増設をしたい場合は業者に依頼することが大切ですね。

業者選びのポイント

コンセントの増設工事を依頼する際には、どんな業者を選んだらよいのか迷いますね。コンセントは一度取り付けたら、移動させるのはむずかしいです。

ですから、コンセント増設工事をする際にはよい業者を選び、納得できる工事内容にしたいものですね。信頼できる業者を選ぶときには、次のようなことに気をつけるとよいでしょう。

  • ・実績のある会社を選ぶ
  • ・見積りは複数社からとる
  • ・工事内容を細かくたずねる

電話やメールでの相談時に、気になることは詳しくたずねてみるのがおすすめです。どんな質問にも適切に説明できれば信頼できます。

見積りや現地調査はほとんどの会社が無料でおこなっていますので、気軽に見積り依頼をしてみてはいかがでしょうか。

キッチンのコンセントの注意点

キッチンのコンセントの注意点

キッチンでコンセントを使用する際には、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。コンセントを増設した後にも、気をつけなければいけない注意点を紹介しますので参考にしてください。

コンセント周りを清潔に保つ

水やホコリはショートや感電の原因となります。普段から清潔に保ちましょう。

電気代の増加に気をつける

コンセントの増設前の電気代と比較して、使用量を意識しましょう。

家電の使い過ぎに気をつける

大量の電力を一度に使うとブレーカーが落ちやすくなります。一度に多くの家電を使わないように気をつけましょう。

使う家電を厳選する

コンセントにつなぎっぱなしの家電が増えて煩雑になり、作業スペースが減ります。使う頻度の少ない家電はなるべく収納しておきましょう。

まとめ

キッチン周りで、使いたい場所にコンセントがない、コンセントの数が足りないといった場合には、コンセントの増設をしたいと思うものです。

コンセントを増設するための工具はホームセンターなどでも購入することができるので、「簡単にできそうだ」「自分でやってみよう」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、コンセントの増設は、電気工事士の資格が必要なため、資格がない場合は自分でDIYしてはいけません。ですから、電気工事のできる業者に依頼することが肝心です。

コンセントの増設工事を依頼する際には、取り付ける数や場所をよく検討する必要があります。何度もできる工事ではありませんので、高さなどもしっかり決めておくとよいです。

また、増設した場合には、使用量が増えがちですので、電気代などについても注意する必要があります。コンセントを増やすと、一度に使える家電の数が増えますので、ブレーカーが落ちないように配慮しましょう。

コンセントの増設工事を依頼する際には、見積りをとることがとても大切です。現地調査をしてもらったうえで無料見積りをとることで、具体的な費用を確認することができます。

複数社で相談したり見積りをとったりして、いくつかの業者を比較してみると、安心して工事を任せられそうな会社が見つかりますよ。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます