コラム

コンセントの掃除中は感電の危険が!安全で効果的に掃除作業する方法

コンセントの掃除中は感電の危険が!安全で効果的に掃除作業する方法

家の掃除をするとき、「簡単な掃除の方法はわかるけど、コンセントの掃除の方法ってあまりわからない」「感電するかもしれないし……」そんなことを考えているうちに後回しにすることってありますよね。

じつは、コンセントまわりの掃除はとても重要なのです。実際に、コンセントの掃除をしなかったことで電化製品の破損や、火災による死亡事故も発生しています。

この記事では、電化製品の破損や火災などといったコンセントによるトラブルが発生しないよう、コンセントの安全で正しい掃除の方法を紹介していきます。万が一の火災などトラブルを起こさないためにも、正しい知識を身につけておきましょう。

コンセントの掃除作業時の安全な流れ

コンセントの掃除作業には、細心の注意が必要です。ちゃんとした事前準備をしなければ、コンセントの破損だけでなく、感電の可能性もあります。

火災や感電などの危険を避けるために、安全なコンセントの掃除作業の流れを確認していきましょう。

感電しないよう水気がないか注意する

まずは、すぐにコンセントの掃除に取りかかるのではなく、まわりに水の入ったコップや水分が多く含まれているものがないかを確認しましょう。コンセントやその近くにこぼしてしまうと、コンセントの破損につながり、体にかかってしまうと感電の危険性があります。

コンセントまわりを確認したら、今一度自分の体に水が付着していないかを確認しましょう。

電源プラグを完全に抜く

水気の確認をしたら、電源プラグを完全に抜きましょう。このとき、電源コードを引っ張って抜いてしまうと電源プラグがゆるんでしまい、最終的に火災の原因になってしまいます。中の配線が切れる原因にもなってしまうので、十分注意してください。

抜き終わったら、電源プラグのあいだに付着しているほこりも清掃しましょう。電源プラグのあいだに付着しているほこりは、最も火災につながる要因となりやすいものです。危険を回避する意味で、しっかりと確認しておく方が安心です。

重要!安全のためにブレーカーを落とす

安全にコンセントの掃除をするためにも、ブレーカーを落とすのは必須です。「水気のあるものは遠ざけたし、体に水もついてないし大丈夫」とは考えず、確実に切りましょう。

コンセントの掃除の手順と役立つ道具

コンセントの掃除の手順と役立つ道具

コンセントまわりの水気のあるものの確認、電源プラグの確認、ブレーカーの確認をおえたら、コンセントの掃除に取りかかりましょう。

事前準備もせずにコンセントの掃除をするのは大変危険ですが、きちんとした手順で正しく事前準備をすれば、安全にコンセント掃除をおこなうことができます。では、コンセントの安全な掃除方法をご紹介していきます。

掃除機でコンセントのホコリを吸い取る

コンセントにほこりがたまっているという場合は、掃除機のヘッドを外して吸い取りましょう。ここで入念にほこりを除去しておかなければ、すぐにほこりがたまってしまうので、しっかりとほこりを除去しておきましょう。

コンセントの掃除が終わったら、配線周りのほこりも吸い取ってあげるとよいでしょう。とくにタコ足配線を使用している方は、コードとコードの隙間にほこりがたまっている場合が多いので、しっかりとおこなってくださいね。

また、タコ足配線が絡まっているなら気づいた時点できれいにしておきましょう。家にはさまざまなコードを使用しているため、絡まっていることも多いです。使っていないものがあればコードを抜いて、保管しておくとよいです。

エアダスターや綿棒で汚れを取り除く

掃除機で大まかなほこりの除去ができたら、エアダスターを使い、電源プラグに飛ばないよう細かいほこりを吹き飛ばします。エアダスターとは、ノズルの先から勢いよく気体を放出させて細かいほこりを吹き飛ばすことができる道具です。使い捨ての缶タイプのエアダスターもあるので、用途や場所にあわせて使ってみましょう。

エアダスターによる掃除が終わったら、綿棒でコンセント差込口のほこりを取り除きます。ここでしっかりほこりを取らないと、最悪コンセントが発火してしまいますので入念におこなってください。

絞った雑巾でコンセントと電源プラグをキレイにふく

最後にコンセントと電源プラグを、固く絞った雑巾でふきましょう。雑巾に余分に水分がのこった状態でふいてしまうと、コンセントと電源プラグの破損につながります。

キレイにふきおわっても、電源プラグとコンセントはまだ使用せず、完全に乾かしてから使用してください。

コンセントを掃除するとこんなに安心できる!

普段はあまり意識しない電気関係のトラブルですが、コンセントの掃除をすることでそのトラブルを回避することができます。ここからは、コンセントの掃除によってどのような効果を得られるのかご紹介していきます。

ホコリの発火による火災、トラッキング現象を防止できる

コンセントと電源プラグの隙間にほこりがたまり、なおかつそのホコリが湿気を含んでいる状態で漏電してしまうと、発火してしまいます。これを、トラッキング現象とよびます。

このトラッキング現象による死亡事故は、例年起こっています。危険な現象ですが、日ごろからこまめにコンセントの掃除をしておけば、このトラッキング現象の防止ができるのです。

トラッキング現象が起きやすい条件とは

先にもお伝えしましたが、トラッキング現象とは、コンセントとプラグ付近に湿気を含んだほこりがたまり、そこに電気が流れてしまうと起きるものです。

「でも、ほこりの掃除だけで大丈夫なの……?」と不安な方のために、トラッキング現象が起きやすい条件をまとめてみました。

【トラッキング現象が起きやすい状況や場所】

  • ・長期間コンセントにプラグがささっている
  • ・コンセント周りの掃除をしていない
  • ・タコ足配線を使用している
  • ・加湿器の近く
  • ・台所などの水回り
  • ・家具の後ろ

どれも、わかっていれば事前に対処できそうなものばかりですよね。ちょっとした手間になるかもしれませんが、大きな火災につながる可能性をなくせるのなら、その手間も惜しくはないでしょう。

それほど時間をかけなくても、定期的に掃除していれば大きな負担にもならないはずですので、日ごろから防災に関して意識を持っておくことも大切です。

タコ足配線には気をつける

たびたび記事中で紹介していますが、タコ足配線には十分気をつけましょう。規定以上の複数の電子機器を接続してタコ足配線を使用していたり、コードが束になって絡まっている状態で放置していたりする場合は、要注意です。ほこりがたまりやすく、発火の恐れもあります。

昨今ではテレビやゲーム機、パソコンなどの電子機器をご自宅で使用する方も増加しており、コードの数も多くなりがちです。タコ足配線はほこりがたまりやすい環境なので、これを解消すれば、安全性はとても高まります。

コンセントの掃除中に不具合を発見したら

コンセントの掃除中に不具合を発見したら

コンセントの掃除中に何か不具合を発見した場合、後回しにせず、すぐに対処しましょう。電気関係のトラブルは、放っておくとのちに大きなトラブルを招く危険性があります。

不具合による火災の危険性も

先ほどトラッキング現象による発火について述べたとおり、コンセントによる火災事件は珍しいものではありません。ここで不具合を見逃して大きな火災が起きてしまったら、自分の家だけでなく周りにも被害が及ぶ可能性もあります。

具体的なコンセントの不具合は、接触不良やへこみ、熱くなっていたり煙が出ていたりするときなどです。これら以外のコンセントの不具合であっても、注意していち早く対処しましょう。

不安を感じたらプロに相談しよう!

普段、何気なく使っているコンセントですが、その仕組みは複雑です。もし、コンセントに不具合を感じ、その対処法も検討がつかない場合は、あまりいじったりせずにプロの方に任せるとよいでしょう。

電気が流れる場所ですから、たとえブレーカーを落としていたとしても、何らかの原因で感電が起こることも考えられます。発火による家財の被害だけでなく、身の危険もともないますから、安全のためにもできるかぎりプロの業者に相談してみましょう。

まとめ

コンセントの掃除は、事前準備と日ごろから掃除をこまめにおこなうことが肝心です。「コンセント周辺のほこりなんて目立たないし後回しでいいや」「狭い範囲の掃除だからさっとやればいいでしょ」とは思わずに、日ごろからこまめにコンセント周辺の掃除をしてキレイにしておきましょう。

何気なく使っているコンセントですが、複雑なつくりをしているために、何か問題が起こると素人ではよくわからないことも多いでしょう。困ったときは、すぐにプロの業者に相談し確認してもらうと安心ですよ。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103