コラム

冷蔵庫のコンセントの取り扱いまとめ|その行為キケンかも?!

冷蔵庫のコンセントの取り扱いまとめ|その行為キケンかも?!

生活に必要な食料品を保管している大切な冷蔵庫。今や冷蔵庫のない生活は考えられないかもしれません。日常で使っているからこそ冷蔵庫のコンセントは差したまま、電源も入れたままですよね。

では、冷蔵庫のコンセントは抜き差ししていいのでしょうか?また、抜き差ししないといけないのはどんな場合なのでしょうか?もし、抜き差しが必要なときは注意点などあるのでしょうか?

この記事では、日常で使っている冷蔵庫のコンセントの取り扱い方や注意点についてまとめました。停電や漏電など、何かトラブルが起きることもありますので、知っておいて損はありません。万が一の知識としても、お役に立てるとうれしいです。

冷蔵庫のコンセントプラグを抜きさしする際の注意点

冷蔵庫のコンセントを抜くと、電気代の節約になるのではないかと思われるかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、冷蔵庫は食品などの鮮度を保つためのものになるので、コンセントを抜いてしまうと中の食材が傷んでしまいます。

また、冷蔵庫の中の食材だけでなく、冷蔵庫自体にも影響があるので注意が必要です。ここでは、冷蔵庫のコンセントプラグを抜き差しする際の注意点をいくつかご紹介いたします。

抜き差ししてもよいが内部に負担がかかる

冷蔵庫の内部には、コンプレッサーという空気圧縮機があります。コンプレッサーは、温度を一定に保つための役割を担っている、いわば冷蔵庫の心臓な部分です。

冷蔵庫のコンセントを抜き差しすると、冷蔵庫内の温度が不安定になります。そのため、冷蔵庫は温度調整をして規定の温度まで冷やそうとするとき、コンプレッサーに負担がかかります。

負担がかかると余計に電力が消費されてしまうため、電気代が多くかかってしまうことがあります。また、コンプレッサーの負担が大きくなりすぎてしまうと故障の原因にもなります。

実際コンプレッサーの故障は多く、故障してしまうと交換しなくてはならず余計に費用もかかります。使用年数によっては、買い替えたほうがよい場合も出てきてしまうのです。

コンセントを差すのは10分程度経過してから

冷蔵庫の場所を移動させる場合などで電源プラグを抜いた場合には、すぐには差し込まず10分程度経過してから電源プラグを差し込むようにしましょう。時間をあけることによりコンプレッサーの負担が少なくなり、故障しにくくなるからです。

停電時は冷蔵庫のコンセントプラグを抜いたほうがいいの?

停電時は冷蔵庫のコンセントプラグを抜いたほうがいいの?

もし停電してしまった場合はどうしたらよいのでしょうか。停電の際は、冷蔵庫の電源プラグをコンセントから抜いておくようにしてください。

また、冷蔵庫のドアの開閉も控えたほうがよいです。冷蔵庫はドアを開閉するたびに内の温度が上昇してしまいます。コンセントを抜いても開閉が全くなければ、2~3時間は冷蔵庫の中の冷気が保たれます。

2~3時間後、ゆっくりと冷蔵庫内の温度が上昇していくため、長時間電源を入れることができないときは、冷蔵庫の中の食品が腐らないよう、保冷剤などを使用して冷気をできるだけ保てるような対策をとりましょう。

保冷剤を使う場合、冷蔵庫の一番上の棚に入れておくと冷気が空気の流れを利用して冷えを保ちやすくなります。いざというときのためにも、冷凍庫にいくつか保冷剤を入れておくといいですよ。

停電復旧後に漏電しないよう抜いておく

停電したときに冷蔵庫のコンセントを差したままにしておくと、電気が回復したときに冷蔵庫の水漏れなどで漏電してしまう危険があります。停電が起きたら、電源プラグはコンセントから抜いておきましょう。

停電復旧後にブレーカーが落ちないよう抜いておく

停電復旧後には、冷蔵庫以外の他の家電製品にも一斉に通電します。冷蔵庫は消費電力が高いので、ヒューズが切れたりブレーカーが落ちたりする原因となります。

ブレーカーが落ちてしまうと、冷蔵庫だけでなく他の家電製品の故障原因にもなってしまいます。このようなことにならないために、停電時にはコンセントは抜いておいたほうがよいでしょう。

なぜ冷蔵庫のコンセントは高い位置にあるの?

通常使っているコンセントは、低い位置にあることが一般的です。しかし、冷蔵庫のコンセントが高い位置にあることが多くありませんか?高い位置にあるのは、なぜでしょうか?

冷蔵庫は家電製品の中でも大きな電力を必要とする製品のひとつで、高い位置にコンセントが設置されている理由がきちんとあるのです。この理由を知っておくと、トラブルを防ぐためにも役立ちますよ。

一番の理由としては、火災を防止するためです。家電製品のコンセントから発火することを「トラッキング現象」といいます。トラッキング現象の原因はホコリです。

家電製品のコンセントや電源プラグの隙間などにホコリがたまり、そのホコリに発火して火災が起きてしまうのです。これは冷蔵庫など、一度コンセントを差せばほとんど抜くことがない家電製品で多く発生しています。

差したままにしていると、ホコリがたまっていることに気づきにくいというのも発火の原因のひとつです。また、万が一火災が発生した場合に、コンセントが高い位置にあれば目につきやすく異常を発見しやすいため、高い位置に作られているのです。

ホコリや汚れがつきにくい

冷蔵庫は普段移動させることがなく、コンセントの抜き差しをしない分ホコリがたまりやすくなります。そのため、できるかぎりホコリや汚れがつかないよう、冷蔵庫のコンセントは高い位置に設置されていることが多いのです。

ただし、高い位置にあるからといっても、長期間放置してしまうともちろんホコリはたまってしまいます。高い位置にあり目につくからといって放置するのではなく、こまめに掃除をしましょう。

もし低い位置にしかコンセントがなかったら…

トラッキング現象の予防のため冷蔵庫のコンセントは高い位置になるのが望ましく、一般的な高さは床から170cm~180cmいわれています。しかし、家の構造上コンセントが低い位置にしかない場合もあるでしょう。

コンセントが低い位置にしかない場合は、コンセントが見えるように周辺にものを置かないようにしましょう。コンセント周辺にものがあふれていて空気の循環が悪いと、ホコリがたまりやすくなってしまいます。発火の原因を作っているのと同じです。

冷蔵庫に限らず、家電製品にとって水分や湿気は大敵です。コンセントに水分や湿気が近づいてしまった場合、漏電の恐れがあるため注意が必要です。

冷蔵庫に延長コードは使ってよい?

冷蔵庫に延長コードは使ってよい?

冷蔵庫に延長コードを使う場合、いくつかの注意点があります。まず、お使いの冷蔵庫の電力量を確認しましょう。そして、その電力量よりも大きい電力量まで対応しているJISマーク(品質や安全性が認められた証のマーク)のついた延長コードを使用するのがおすすめです。

また、使われる延長コードは一口のもの、もしくは冷蔵庫専用の延長コードにして、それ以外の差し込み口は使わないようにしましょう。電力量オーバーによる発火を防ぐためでもありますが、他の差し込み口にホコリがたまってしまうと発火してしまう可能性があるからです。

いくつか差し込み口のあるタイプをお使いになるときは、他の差し込み口は絶縁テープでふさぐことなどするとよいでしょう。

これから気をつけたい、冷蔵庫コンセントプラグの取り扱い方

日常で使う冷蔵庫だからこそ気をつけたい、冷蔵庫コンセントプラグの取り扱い方についてまとめてみました。

濡れた手で触らない

濡れた手で電源コードを触ると、感電の原因になります。水は電気を通しやすく、非常に危険です。とくに、感電の危険性を知らない小さな子供は、汗をかいた状態で触ってしまうこともあり、感電死してしまうような事例も報告されているのです。

ホコリをためない

ホコリがたまると、ホコリに含まれる水分が電気を通して火災の原因になります。こまめに掃除をしましょう。

電源プラグは引っ張らない

電源プラグを抜くときは、コードではなく、必ず電源プラグを持って抜きましょう。無理に引っ張ると、コードの中の電線が切れてしまう原因になります。

ゆるい、折れているプラグは交換する

コンセントにプラグがしっかりと差し込まれていないと、プラグの一部分に負荷がかかってしまい発熱の原因になります。また、折れたプラグ同士が接触すると火花が出て、火災の原因にもなります。また触れてしまうと感電のおそれがあります。気づいたらすぐ交換するとよいでしょう。

異常に熱いときは使用禁止

コンセントプラグやコードが異常に熱い場合は、負荷がかかっていることが考えられます。そのまま使い続けると火災の原因になるので、熱さを感じた場合にはただちに使用を中止しましょう。

まとめ

冷蔵庫のコンセントは、何度も抜き差ししないほうがよいということをおわかりいただけたでしょうか。使い方によっては、火災の危険性があることも十分知っていただけたかと思います。

また、コンセントプラグを抜き差しする場合にも気をつけることがありましたね。内部に負担がかかり故障してしまうと、交換や修理、買い替えなども考えなくてはなりません。不用意に冷蔵庫のコンセントを抜き差しすることは、避けたほうがよいでしょう。

コンセントにホコリをためないように、いつも掃除をしている床だけではなくコンセント周辺なども意識して掃除をするとよいでしょう。日常使っている冷蔵庫だからこそ、大切に扱いたいものです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103