コラム

コンセントのタコ足配線が危険な理由!安全な使用方法と増設について

コンセントのタコ足配線が危険な理由!安全な使用方法と増設について

コンセントを使いたくても足りないときにテーブルタップ、別名「タコ足配線」ができるコンセントがあるととても便利ですよね。しかしタコ足配線は使い方を間違えると、コンセントから発火する恐れがあり危険です。

本コラムでは、タコ足配線ができるコンセントが危険だといわれている理由と、正しい使用方法について紹介します。

コンセントで引き起こしやすいトラブルと、トラブルを未然に防ぐための手入れの仕方についても触れていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

コンセントやテーブルタップは使用量が決められている

コンセントやテーブルタップは使用するにあたり、電力の使用量が決められていることを知っていますか?実はどの電源タップにも容量が決められています。コンセントを安全に使用するためにも容量を知っておくことが大切です。

大切なのは「定格電力」

コンセントやタコ足配線で「最大何W(ワット)」といった表示をみたことはありますでしょうか。一般的にコンセント1か所あたり、15A(1500W)使用できます。

ですが、コンセントによって多少電力量が異なる場合があるため、コンセントを使用する前には一度確認するようにしましょう。コンセントを安全に使用するには、それぞれに決められた定格電力量を守ることが大切です。

コンセントをタコ足配線するにも限界がある

壁に設置されているコンセントでは足りないからと、タコ足配線をする人もいるかと思います。しかしタコ足配線にしても、定格電力量はほとんど変わらないことが多く、通常のコンセントと同じく限界があるのです。

二口コンセントでは足りないことからタコ足配線を使用している家庭もあることでしょう。ですが、消費電力の大きい家電製品をいくつも使用することで、電源が落ちる場合があるので使用する際は気をつけましょう。

コンセントの電力が容量オーバーすると……

コンセントの電力が容量オーバーすると……

コンセントに決められている電力量を上回ってしまった場合、どういったトラブルが起きてしまうのでしょうか。ほかにも、コンセントで起きやすい事故についても確認していきます。

容量を上回ると発火の危険性が!

タコ足配線の機種によっては、容量を超えた際に自動で電源を落とす機能「サーキットブレーカー」がついている場合があります。

ですがこの機能がついていない機種もあり、決められた容量以上の電力を使用し続けることで、コンセントが発熱・発火することもあるのです。

ブレーカー装置作動によるトラブルに注意

サーキットブレーカーが内蔵されていると、電力を使い過ぎた際にも自動で電源を切ってくれます。

しかしパソコンをつなげているときに切られてしまうと、作業中のデータや未保存のデータがダメージを受けてしまうおそれがあり危険です。コンセントの容量には十分に気をつけましょう。

発火する原因はほかにも!

実は定格電力以上の電力を流すことによるトラブルはほかにもあります。コンセントが目に見える場所に置くのは感じが悪いと、机の下や家具の後ろなどの隙間に置いている人もいるのではないでしょうか。コンセントの保管場所によっても発火する要因となることがあるのです。

【ほこりによる発火】
家具の後ろなどはホコリが溜まっていることがあります。ホコリは空気中の水分を吸収しやすいため、コンセントとプラグの隙間にホコリが溜まることで漏電や発火を引き起こす「トラッキング現象」の危険があるのです。トラッキング現象を誘発しないためにも、日ごろから室内の掃除が大切となります。

【断線による発火・感電】
コンセントに差し込む配線は長年使用することで表面が割れてしまったり、配線内が断線していたりする場合があります。断線したものをコンセントに差し込み、使用し続けることで発火や感電のリスクがあるのです。事故を未然に防ぐためにも、古くなった配線コードは新しいものに交換することをおすすめします。

コンセントの「タコ足」配線を安全に取り扱うためには

タコ足配線(テーブルタップ)はいくつものコンセントをさすことができる便利な道具です。ただし間違った使用用途をすることで、トラブルが起きてしまいます。

タコ足配線を安全に取り扱うにはどういったことに気をつけたらよいのか、ここで確認してみましょう。

定格電力を上回らないように使用する

すでに決められた電力内でコンセントを使用することが大切となります。タコ足配線の魅力は一口コンセントでは差し込み口が足りない場合でも、複数の電化製品を一度に使用できることです。

しかし、コンセントの定格電力量は超えないようにくれぐれも注意してください。

コンセントから抜く際に注意する

配線コードをコンセントから引き抜く際に、コードを強く引っ張ると、断線をする場合があるためとても危険です。断線したコードだと知らずにコンセントに差すことで、感電などの恐れが発生するため引き抜くときはゆっくりと扱いましょう。

コードは束ねない

電化製品や携帯などの充電器を収納する際に、コードを束ねている人はいませんか?コードを束ねることで、断線をしやすくなり劣化が進んでしまうおそれがあります。

さらに断線したコードを使用してしまうと、漏電や発火の原因になるため配線コードの扱いには気をつけましょう。

コードの上にものを置かない、挟まない

タコ足配線でいくつものコードを使用することで場所をとってしまいます。コードの上に知らず知らずのうちに家具などを置いてしまうことや、扉で挟んでしまっていることがあるかもしれません。

配線コードは耐久性があまり強くないため、配線内の銅線が切れてしまうことで漏電や発火の原因になってしまうので十分に注意をしてください。

コンセントが足りない場合は増設しよう!

コンセントが足りない場合は増設しよう!

コンセントが足りない場合にはタコ足配線が有効となります。ですがタコ足配線は取り扱い方法によってはコンセントでのトラブルが発生することがあり、危険です。

コンセントが足りないときの対処法として、コンセントを新しく増設する方法もあります。コンセントを増設する際の方法についてみていきましょう。

増設方法1:コンセントを新しく増設する

新規でコンセントを増設する場合、既存のコンセントから配線を経由する、もしくは新しく配線を敷くといったふたつの方法から選択します。

新しく家電製品を購入したといった理由などで消費する電力が大きくなる場合は、新しく配線を敷くことがおすすめです。新しくコンセントを増設する場合は、配線コードを壁の中もしくは外に設置するのかを選択します。

新規で設置する場合はいくつかの配線パターンがあるため、増設するかしないかを決める場合は室内の間取りや工事にかかる費用を参考にして決めるとよいでしょう。工事にかかる時間は1時間以上が目安で、費用は2万円程度となっています。

増設方法2:コンセントの差し込み口を増設する

コンセントを新規で増設するのでなく差し込み口のみを増設する場合ですと、工事にかかる時間は約30分と短めで、費用は1万円前後です。

しかし消費電力が高いと、コンセントの電力量を超えてしまうことがあります。そのため新たにコンセントを増設するほうがよいこともあるので、一度業者に相談することをおすすめします。

増設方法3:コンセントのボルト数を変更する

コンセントのボルト数を変更する際は、分電盤を変更するだけで済むため工事はおこないません。

しかし現在使用している分電盤が古い場合ですと、新しい分電盤に交換する工事が必要なこともあり、工事に時間と費用がかかります。

さらに家電製品によっては電力量によってコンセントの形状が異なる場合があるため、ボルト数の変更ではなく新たにコンセントを増設する必要があります。ボルト数の変更をする際は一度業者と相談することが大切です。

コンセントの増設はプロにお任せ!

新しく家電製品を購入した際や、コンセントが足りないため増設したいとなった場合は自分でおこなうのではなく、業者に依頼をしましょう。

よりよい対応をしてくれる業者を選ぶための方法や見分け方について解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

コンセントの増設には資格が必要

コンセントの増設をする際は、電気工作物(電流を流すための配電作業など)を扱うことができる「電気工事士」の資格が必須となります。コンセントの増設をしたいときは、工事をするにあたり危険をともなうため業者に依頼をしましょう。

なお、電流に触れる危険がないコンセントのプラグ交換では、資格がなくても取り掛かることは可能です。ですが、やはり作業には危険をともなうため、業者に依頼するのが安心ですね。

業者のかしこい選び方

実際にコンセントの増設工事を取り扱っている業者を調べようとしても、どこをみて判断したらよいのかわからないという人もいるかと思います。安心して作業を任せることができる業者を選ぶために、以下のポイントに気をつけてみてください。

【ホームページをみる】
サイトをみることで実際にどういったことをしているのかに加え、工事にかかる費用などを判断することができます。業者によっては24時間いつでも対応が可能な場合もあるので、一度確認をしてみるのがおすすめです。

【対応をみる】
実際に工事を依頼する前に、コンセントの増設工事に関する相談や相見積りをすることで業者の対応を確認することができます。直接工事内容とは関係していなくても、しっかりと対応をしてくれる信頼できる業者なのかを見極める重要なポイントとなるのです。

まとめ

家電製品のほかにスマートフォンやパソコンが普及している近年では、コンセントが足りなくて困るといった問題が多く浮上しています。コンセントが一度にいくつも使用できるタコ足配線を使用している人もいることでしょう。

しかし、タコ足配線は間違った使い方をすることで漏電や発火の原因となる場合があります。

こういったトラブルを引き起こさないためにも、コンセントの増設も視野に入れてみるのはいかがでしょうか。コンセントの増設をする際は、業者へ依頼しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます