コラム

【100vコンセント】各Vの違いと対応工事・費用も徹底解説!

【100vコンセント】各Vの違いと対応工事・費用も徹底解説!

コンセントの電圧にはいくつか種類があることをご存知でしょうか?海外旅行に行ったことがある方は変換プラグや変圧器を買ったり、海外でも使えるかどうか確認したりした経験があるかもしれません。

日本国内では100vのコンセントが一般的ですが、ふとコンセントを見たら100v以外の電圧が書いてあって、使ってよいのかわからず不安になることがあるかもしれません。

今回は、日本で使われている100vのコンセントと100v以外のコンセントについて、その違いの解説と、200vのコンセントに変える家庭が増えた理由、200vコンセントに変えるメリットとその方法もあわせて解説していきます。

100vコンセントとは?

まずコンセントとは、電気を供給するために設けられた差し込み口のことです。電気機器から伸びる電源コード、つまりコンセントに差し込むほうはプラグと呼びます。電気に関係する単位には電力と電流、電圧がありますが、コンセントの種類は主に電圧で分けられます。

コンセントの電圧といえば、日本では100vが一般的です。ほかに200vのコンセントもあり、家電製品の必要とするパワーによって使い分けられますが、パソコンやテレビ、オーディオ機器などの電子機器は高い電圧は不要なため100v以上の電圧が使われることはほとんどありません。

それ以外の家電製品もまだまだ100vが主流です。最近は200v家電を使う家庭やオール電化住宅が増えましたが、以前は家庭用といえば100vというのが一般的で200vのコンセントが少なかったため、メーカーも100vのコンセントで使える製品をメインに作るようになったのですね。

100v対応の家電製品を200vコンセントにつなぐとどうなる?

100v用の家電製品を200vのコンセントに接続した場合はほぼ間違いなく壊れます。家電製品の内部にある電子回路は耐えられる電圧が決まっており、それ以上の電圧をかけると回路が焼き切れたり、火花を吹いて壊れたりしてしまいます。爆発や火災に発展することもあるので間違っても100v用の家電製品を200vのコンセントにつないではいけません。

ですが、心配はいりません。そういった事故を防止するため、100vと200vのコンセントはそもそも形状が違います。たとえ間違えても差すことができない形状になっているため、コンセントを普通に差せる形状になっていれば接続しても問題ありません。

めったにありませんが、配線ミスが起きていたり、海外で買った機器や変換プラグを使っての誤接続をしたりしてしまう可能性もゼロではありません。不安なようであれば電圧テスターを使ったり、業者に相談して確認してもらったりしたほうがいいかもしれません。

逆に200v用の家電製品を100vのコンセントに接続した場合は、電圧が足りないため動作しません。すぐに壊れたり破裂したりすることはないかもしれませんが、誤作動や故障の原因になるのでやめておいたほうがよいでしょう。

100v? 200v?125v?それぞれの違い

100v? 200v?125v?それぞれの違い

ここまで解説したとおり、コンセントの電圧には100vと200vがあります。ですが、コンセントを見ると125vと書いてあるものがある場合があります。この章では100v、200vのさらに詳しい違いと、125vと書いてあるコンセントについて解説していきます。

100vと200v

まず、100vと200vの違いについてもう少し詳しく見ていきましょう。それぞれ対応していないコンセントにつなぐと火災や家電製品の故障に発展する可能性があることは先ほど解説しましたね。

もしも100v用の製品を使いたいのに200vのコンセントしかないという場合は、トランスや変圧器などと呼ばれる機器を使えば使用することができます。

同じように電気が流れているのに、電圧が違うだけで使えないのはなんとも不便ですね。では、そもそもなぜ100vと200vという2種類の電圧が存在するのでしょうか。

【本当は200vのほうがメリットが多い】
理由は諸説あるようですが、電気が普及する時期の歴史が関係しているといわれています。実は、送電などのエネルギー効率を考えると電圧が高いほうが損失が少ないためメリットが大きいのです。

しかし、日本政府が電圧の規格を定めようとした当時、最も普及していた製品が100vだったこと、技術力不足や安全性を優先した結果100vが一般的な電圧になったといわれています。

そして技術と社会の変化とともに効率のよい200vを使い始め、現在は両方の電圧が混在している状況というわけですね。

【家電も200vのほうがメリットが多い】
200vのほうがメリットが多いのは家電製品も同じです。200vの家電というとパワーが大きく、その分消費電力も大きいと思うかもしれませんが、実は消費電力は変わりません。

そもそも電圧とは電気を流す力のことで、流れる速さともいえます。つまり消費電力が同じでも、電圧が高ければそのぶん短時間で同じ結果が得られます。

特にエアコンや暖房器具、電子レンジなどは電圧が高いに越したことはない家電製品でしょう。電子レンジを例に挙げると、コンビニで使われる電子レンジは家庭用の電子レンジよりもはるかに短い時間で加熱できますよね。あれも実は電圧が違うだけで、消費電力は同じなのです。

125vと100v

続いては125vについてです。「コンセントにもっと種類があるなんて面倒……」と思ったかもしれませんが、ご安心ください。125vと書いてあるコンセントはありますが、流れている電圧は100vです。

【125vの電圧が流れているわけではない】
記事の冒頭で少し触れましたが、差し間違いを防止するため、電圧の違うコンセントは差し込み口の形状が異なります。そして、125vと書いてあるコンセントの形状は100vのものと同じになっているはずです。

つまり、125vと書いてあるコンセントに流れている電圧は100vですので、安心してプラグを差して大丈夫です。

このコンセントに書いてある125vというのは「定格電圧」の表示で、つまり「125v以上の電圧を流してはいけないコンセント」と書いてあるわけですね。

電気工事の際に見る表示なので、使用する際には気にする必要はありません。定格電圧を125vにしてあるのは、供給される電圧も多少上下するので、余裕をもつために125vまで耐えられるようにしているからです。

工事をすると100vから200vへ変えられる

100vと200vの違いがなんとなく理解できたでしょうか。家庭用コンセントはまだ100vが主流ではありますが、200v対応の製品も増えてきている今、200v製品を使ってみたい、興味があると思う人は多いです。

その中には自宅に200vのコンセントが少なく、「わざわざ大掛かりな工事にお金をかけてまでは使わなくてもいいかな……」と思う人もいるでしょう。ですが実は、ほとんどの住宅は200vのコンセントの増設や100vから200vへの交換が簡単にできるようになっています。

場合にもよりますが工事も大掛かりなものではなく、基本的には既存の機器の交換と配線程度なので費用も数千円ほどで済む場合も多く、実は想像しているほど高くありません。コンセントの電圧を変えるのは、電気工事の中でもかなり手軽な部類に入るものなのです。

200v製品が使えるだけじゃない!ほかにもあるメリット

コンセントの増設で200v製品を使えるようにすると、選べる家電の幅が広がる以外にもメリットがあります。それは、同時に使える電化製品が増えることです。

エアコンや電子レンジ、ドライヤーなど、消費電力(ワット数)の大きい電化製品を同時に使ってブレーカーを落としてしまった経験がある方は多いでしょう。

家庭に供給される電気は電力会社との契約で電流の大きさ(アンペア数)が決まっており、決められた以上の電流が流れるとブレーカーが落ちる仕組みになっています。

「電圧が高いものを使うと電流も増えるのでは?」と思うかもしれませんが、実は違います。電力の関係は「電流(A)×電圧(V)=電力(W)」という式で表されます。1000Wの製品を例にして計算してみましょう。

  • 100Vの場合 : 10A × 100V = 1000W
  • 200Vの場合 : 5A × 200V = 1000W

消費電力は機器によって決まるので一定なため、このように電圧が高いほうが電流は少なくて済むのです。そのため、ブレーカーが頻繁に落ちて困っている場合などは、200v製品を使うことで解決する場合があります。

コンセントの疑問や悩みはプロに相談

コンセントの疑問や悩みはプロに相談

このように、200vに変えることによるメリットは多いです。意外と手軽なものなので、興味があれば家電の買い替えのついでに200vのコンセントを増設して使ってみるのもよいかもしれませんね。

手軽とはいえ電気を扱うのは危険がともなう作業なので、業者に依頼すべきです。電圧を変える以外も、単純にコンセントを増設するなどであればもっと手軽です。

数ある業者の中から自分に合った業者を探すためのポイントを紹介しますので、依頼する際の参考にしてみてください。

業者選びのポイント

業者を選ぶ際は無料で見積りや相談を受け付けてくれる業者が安心です。見積りをしてもらう際は、見積りの前にキャンセルできるかどうかも確認しておきましょう。

家庭の設備や状況はそれぞれ異なるため、場合によっては見積り後のキャンセルができないこともあります。

また、実際の作業をしてみないとわからない部分もあるため、想定外の作業が必要になってしまい、当初の見積りと作業後の請求額が変わってしまう可能性もないとはいい切れません。

見積りの前後にしっかり業者と話をして、見積りと実際の請求額が変わる可能性があるかどうか、そういった場合はどうするかを確認しておきましょう。

見積りが無料か、キャンセルできるかどうかも大切ですが、なによりも、自身が納得できるまで親身に相談に乗ってくれる業者がよい業者なのではないでしょうか。

工事にかかる費用相場

かかる費用は状況や依頼の内容によって変わるので一概にはいえませんが、ある程度の目安はあります。コンセントの増設、交換だけであれば数千円ほどで、配線工事が必要になる場合は1万円ほどと、少し高くなるようです。増設にもいくつか方法があるようなので、費用と目的に合わせた方法を業者に相談してみるのが一番です。

まとめ

今回は100vと200vのコンセントの種類と違いなどを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。製品が対応していない電圧のコンセントに差すととても危険ではありますが、差し込み口の形状が違うので差せるところに差せば問題はないので、心配する必要はありません。

また、200vのメリットや増設の手軽さについても解説しました。200vのコンセントはまだ多くはないため、目にする機会や意識することも少ないとは思いますが、そういった選択肢があることを知っておくと、電化製品の見方や選び方にも幅が出て生活の可能性も広がるでしょう。相談したいことがあれば、無料で相談に乗ってくれる業者に相談してみるとよいかもしれませんね。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103