コラム

コンセントのほこりは火災をまねく!トラッキング現象を防ぐ掃除方法

コンセントのほこりは火災をまねく!トラッキング現象を防ぐ掃除方法

「コンセントにほこりが溜まると火事になる!」そんな話を聞いたことがありませんか?実はそれ、「トラッキング火災」といって本当に起こりえる現象なんです。

普段から抜き挿しして使っているコンセントなら、ほこりが溜まることもあまりないでしょう。ですが、家具の裏に隠れているような挿しっぱなしのコンセントってあまり見ることがありませんよね。もしかすると、ほこりが溜まりっぱなしになっているかもしれません。

今回はコンセントにほこりを溜めることで起こってしまうかもしれない「トラッキング火災」の予防方法や予防に効果的なアイテムなどをご紹介いたします。

コンセントのほこりが原因!トラッキング火災とは

トラッキング火災とは、コンセントが発火して起こる火災現象のことです。この火災現象は「ほこり」と「水分」という2つの要因が組み合わさることで起こるといわれています。

コンセントに溜まっている「ほこり」は空気中の「水分」を取り込むことで電気が流れやすい状態となります。水分を含んだ「ほこり」が原因でプラグから漏電が起こり、ほこりに引火してしまうことで「トラッキング火災」が発生するのです。

また、空気中の水分が要因の1つとなることから、この現象が起こりやすいのは湿度の高い場所だといえます。ご家庭の中では、台所や脱衣所といった場所が思い当たるのではないでしょうか。そのような場所にある挿しっぱなしにしているコンセントは要注意です。

次の章では、トラッキング火災の要因の1つである「ほこり」を解決する「ほこりの掃除方法」についてご紹介いたします。

コンセントのほこりの掃除方法

コンセントのほこりの掃除方法<

ご紹介したように、トラッキング火災はコンセントに「ほこり」を溜めなければ起こりえません。それならば、コンセントを日常的に掃除することで火災を防ぐことができますね。

ただし、掃除をするにも正しい方法でおこなうことが大切です。正しいコンセントの掃除方法をご紹介いたします。

コンセント・プラグの掃除法

掃除を始める前に、まずはコンセントからプラグを抜きましょう。プラグを挿したままでは掃除もしにくく、感電の危険も伴います。プラグを抜くときは、必ず根元をもって丁寧に抜いてください。

雑に扱うことで、コード内の電線が傷んでしまうおそれがあります。プラグを抜いたら、プラグ側とコンセント側、両方のほこりを落とします。

マイクロクロスやハンディタイプのモップなどのほこりを吸着してくれる掃除用品があれば便利ですが、なければ乾いた布を使ってもよいです。コンセント付近についた細かいほこりや汚れは、綿棒を使うと落としやすいですよ。

プラグ側を掃除する際には破損に気をつけて、優しく丁寧におこなってください。また、コンセントの穴は触ると危険なので掃除は外側だけに留めておきましょう。

電源コードの掃除法

電源コードの汚れは火災の原因にはなりません。ですが、よく見ると黒ずんでいたりベタベタしていたり、実はとても汚れている部分なんです。せっかくコンセントやプラグを掃除するのなら、電源コードも一緒に掃除してしまいましょう。

電源コードの掃除には、軍手と重曹を用意します。100mlの水に小さじ1の重曹を混ぜて重曹スプレーをつくりましょう。つくった重曹スプレーを軍手に吹き付ければ準備は完了です。

重曹スプレーのしみ込んだ軍手を手にはめて、電源コードをなぞってみてください。汚れがみるみる落ちていくはずです。汚れが落ちたら水拭きや乾拭きをして、電源コードの掃除は完了です。

危険!やってはいけない掃除方法

コンセント掃除は、電気が通っている箇所なだけに安全とはいえません。間違った掃除方法によって危険な目にあってしまうかもしれません。これからご紹介する方法は、とくにやってはいけない掃除方法です。安全のために、確認しておきましょう。

濡れた雑巾を使う

汚れがひどいときには、つい濡らした雑巾などで拭いてしまいたくなるかもしれません。ですが、コンセントに水分は厳禁です。水は電気を通しやすいので、水分を含んだ雑巾によって感電してしまうおそれがあります。濡れた雑巾はもちろんのこと、ウェットティッシュなども同様に危険なので使用は控えましょう。

アルコール類を使う

アルコールやエタノールは引火性が高いものとして知られています。アルコール類を使っての掃除は、コンセントに流れている電流によって引火してしまうおそれがあるため絶対にやめましょう。

ドライバーを使う

ドライバーなどの金属製品を使って掃除をするのも大変危険です。金属をコンセント口に差し込むことで、コンセントに流れている電流と金属が反応し発火するおそれがあります。

ドライバーだけではなく、ネックレスや指輪などの金属製品も同様です。掃除の際でなくても、コンセント口には金属製品を近づけないようにしましょう。

ほこりの侵入を防ぐ5つの対策

ほこりの侵入を防ぐ5つの対策

コンセントにほこりを溜めてしまうのは大変危険です。そもそも、ほこりを溜めないためにできる工夫はないでしょうか。ほこりの侵入を防ぐ方法として、5つの対策をお伝えします。

コンセントは使うときだけ差す

冷蔵庫やエアコンなど、常時使っているものはコンセントを抜くのも難しいでしょう。ですが、家庭用ゲーム機やスマートフォンの充電器など、常時使う必要がないものはコンセントを抜いておくと、ほこりが溜まるのを予防することができます。待機電力のカットにもなりますので、面倒なひと手間ですが心がけてみましょう。

プラグは奥まで挿す

コンセントとプラグの間にほこりが溜まることでトラッキング火災は発生します。なので、プラグとコンセントの間は、もっともほこりを溜めてはいけない場所なのです。

トラッキング火災を防ぐためにも、プラグとコンセントの間の隙間をできるだけなくすように、しっかりと奥まで挿しこむようにしましょう。

タコ足配線はNG

テーブルタップなどを使って、1つのコンセントに複数の電化製品を繋ぐ「タコ足配線」はとても便利ですが、掃除のしにくさが問題です。その掃除のしにくさから、ほこりが溜まってしまっている場合が多いのではないでしょうか。タコ足配線にする場合は、ケーブルボックスなどに収納してほこりを防ぐ工夫が必要です。

古いプラグのタップは取り替える

電源タップは消耗品で、3~4年が交換の目安といわれています。長期におよぶ使用により変形や接続不良が起きていたり、また破損している場合があります。

そのような状態で使用し続けるとトラッキング火災の原因につながりますので、不具合を感じた場合は安全のため取り替えるようにしましょう。

定期的に掃除する

ほこりの侵入を防ぐには、定期的な掃除が大切です。普段目につく場所のコンセントだけではなく、家具の裏に隠れているコンセントや、タコ足配線にしていてほこりが溜まりがちなコンセントまで、家のすみずみまで確認してみましょう。

コンセント掃除は1つのコンセントなら数分で終わるほど手軽ですので、トラッキング火災を防ぐために少しだけ手間をかけてみてください。

ほこり防止に使える便利アイテム

トラッキング火災を防ぐには、日常的な抜き挿しや定期的な掃除が大切……そうはいっても、つい忘れてしまうこともありますよね。ほこりを防止してくれる便利なアイテムを使えば、さらに安全にコンセントを使うことができますよ。

プラグ安全カバー

プラグ本体と挿しこみ口を覆うことのできるカバーです。ほこり、湿気ともに防いでくれる効果があります。普段から挿しっぱなしにしている冷蔵庫や洗濯機のコンセントや、家具の裏側にあって掃除がしにくいコンセントなどには、このプラグ安全カバーが最適です。

コンセント安全キャップ

普段使用していないコンセントの差込口にフタをすることができるキャップです。キャップを挿しておくことで、ほこりや異物の侵入を防ぎます。このコンセント安全キャップも、トラッキング火災の予防に大変効果的です。

ケーブルボックス

電源タップやコードを収納することのできるボックスです。電源タップをボックスの中に入れておけばほこりが溜まることもありませんし、長いコードをしまうことで見栄えもよくなります。

掃除のしやすさも格段に上がりますので、ごちゃごちゃとした電源タップまわりは、このケーブルボックスで一新しましょう。

古いコンセントはプロに頼んで交換してもらおう

古いコンセントを使い続けていると、ほこりが溜まりやすくなります。これでは、トラッキング火災が心配ですよね。古いコンセントは見分けるのが難しいですが、次のようにして見分けることができます。

コンセント劣化のサイン

コンセントが古くなってくると、異常な熱をもつことがあります。触れないほど高温になっていては、いつ火災が起きてもおかしくありません。すぐに交換しましょう。

また、挿しこみ口が緩い場合も取り替えたほうがよいサインです。接続した家電に電流を供給できないだけではなく、コンセントとプラグの間にほこりが溜まりやすくなるのでトラッキング火災を引き起こすおそれもあります。

コンセントに破損やひび割れがある場合も同様です。ほこりや水分が入り込みやすい状態ないっています。このように目で見てわかる劣化がある場合には交換を検討しましょう。

自分での工事は難しい

コンセントを交換したい場合、ホームセンターなどで部品や機材を購入し自分で工事することも可能です。ですが、自分で工事をする場合、一歩間違うとケガなどを負うリスクがあることを忘れてはいけません。

コンセント交換は、一歩間違えれば感電やショートなど大きな事故を起こしかねない危険な工事です。身の安全のためにも、コンセント交換は専門の知識や技術をもつプロにお任せすることをおすすめします。

プロに任せることでコンセントの差込口を増やしたり、使い勝手のよい場所に位置を移動させてもらうこともできますので、コンセントでのお困りごとはぜひプロに相談してみましょう。

信頼できる業者の選び方

コンセントの交換を業者に依頼するのなら、信頼できる業者に依頼したいものです。依頼する業者を選ぶ際は、複数の業者から見積もりをとるようにしましょう。

複数の業者から見積もりをとって、工事内容や料金表示が明確である業者を選んでください。工事内容の丁寧な説明や、明確でわかりやすい料金表示をしてくれる業者であれば、信頼して任せることができるのではないでしょうか。

また、ホームページに載っている工事実績や口コミサイトの情報など、多くの判断材料があるかと思います。そのような情報も参考にしながら、より信頼できる業者を選んでください。

まとめ

今回は「トラッキング火災」について、予防方法や予防に効果的なアイテムなどを交えてご紹介いたしました。

トラッキング火災は、「ほこり」と「水分」その2つの要因によって引き起こされます。トラッキング火災を防ぐには日常的なひと手間や定期的な掃除が大切ですが、便利アイテムを使うことでより安全度を高めることができます。

また、古いコンセントも同様に火災の原因となります。劣化してしまったコンセントは、手入れやひと手間ではどうすることもできませんので、交換などの工事が必要となります。信頼できる業者を見つけて、まずは相談してみることをおすすめします。

つい忘れがちなコンセント掃除ですが、これを機に一度掃除してみてはいかがでしょうか。このコラムが、あなたのコンセント掃除の参考になれば幸いです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます