コラム

床にコンセントが欲しい!フロアコンセントのメリットや増設まとめ

床にコンセントが欲しい!フロアコンセントのメリットや増設まとめ

 

「コンセントまでの距離が遠くて、コードに足を引っかけてしまいそうで、危ない」みなさんはこう思ったことはないでしょうか?じつはそんな悩みを抱えているかたにピッタリの、床コンセントという便利なコンセントがあるんです。

 

今回の記事では、床コンセントのメリットとデメリットのほか、もし壁のコンセントを増設する際の工事費用や増設の際の注意点など、コンセントのお役立ち情報をまとめてみました。これから家を建てるかたやコンセントの増設を検討しているかたは、ぜひ最後まで記事を読んで、参考にしていただければ幸いです。

 

 

床コンセントは便利なの?

床コンセントというものをご存じでしょうか?これは壁に設置しているタイプのものではなく、使用するときにだけ床から引っ張り出して、プラグを差し込むタイプのコンセントです。壁から距離があるところでも延長コードを使わずに電子機器が使えるので、とても便利なコンセントなんです。しかし、やはりデメリットもつきものです。

 

使用中は床からコンセントが飛び出している状態なので、床コンセント自体にうっかり足を引っかけてしまうことがあるかもしれません。また、差込口に床のホコリが入り込みやすいので、使用していないときは必ず床にしまい込むようにしましょう。

 

床コンセントを設置したいときは?

床コンセントを設置したいときは?

 

注文住宅の場合はコンセントの配置についてはあまり深く検討しない人が多いかもしれません。しかし、コンセントの配置はすごく重要なことで、後から設置するには設置費用がかかってしまいます。

 

壁にコンセントを設置することは簡単で費用もそんなにかかりませんが、床コンセントを後から設置するとなれば話は別です。床コンセントを設置する場合には大きな工事が必要であるため、多額の設置費用がかかってしまいます。建築の段階でコンセントの配置についてもしっかりと考えておくことが大切です。

 

コンセント増設は資格が必要な作業

家を建てた後にやっぱりコンセントを増設したい、と考えるかたもいるかと思います。では、壁に付いているコンセントなら床コンセントと違って、知識があれば誰でも増設することは可能なのでしょうか。

 

どんなコンセントであろうと増設するには「電気工事士」の資格が必要です。素人がコンセントの工事をおこなってしまうと、感電や火災などの大きな事故を起こしてしまう危険性があります。電気工事士の資格を持っていないかたは、コンセントの増設の際は、業者に依頼するようにしましょう。

 

コンセント増設の方法は2種類

コンセントを増設する方法には主に2種類の方法があります。近くのコンセントから延長して配線を引く方法、これは消費電力の少ない電化製品を使用するために増設する場合が多いです。もうひとつは分電盤から直接配線を引っ張ってくる方法で、エアコンなどの消費電力が大きいものに使用するときに増設する方法です。

 

賃貸住宅でもコンセント増設は可能?

賃貸住宅にお住まいのかたは、「コンセントを増設したいけど、自分の家ではないからコンセントを増やすことはできないんじゃないか」、と思ったこともあるかもしれません。

 

確かに勝手にコンセントを増設することは避けた方がよいかもしれませんが、プラグの差込口を増やす程度なら、大家さんや不動産会社に相談すれば許可をもらうことができるかもしれません。しかし、増設する際に壁を加工しなければならない場合は断られてしまう可能性が高いでしょう。

 

コンセント増設にかかる費用はいくら?

床にコンセントを設置するのではなく、プラグの差込口を増やすだけの工事であれば、費用は5,000円程度で済み、作業時間も1時間と短い作業時間でコンセントを増設することができます。

 

また、屋内の電気配線から分岐させる工事の場合は、12,000円が相場。新しく分電盤から直接配線を持ってきてコンセントを設置する工事だと、16,000円くらいの設置費用がかかってしまうそうです。

 

既存のコンセントから分岐する方法の場合、コンセントを設置する距離が長かったり、配線の埋め込みが必要であったり、天井裏に配線を通さないといけない場合は、費用が高くなってしまうことがあるため注意が必要です。

 

コンセントを増やすならどこに設置するとよい?

コンセントを増やすならどこに設置するとよい?

 

ではコンセントを増設すると便利な場所とはいったいどのような場所があるのでしょうか?コンセントの増設を検討しているかたのために、失敗しないコンセント増設の場所を種類別にご紹介していきます。ぜひご参考にしてください。

 

●床コンセント

床コンセントを設置するにはダイニングテーブルの下やテレビ台の下に設置するのがよいでしょう。ダイニングテーブルの下だとホットプレートや、ノートパソコンを使用したいときに壁までコードを伸ばす必要がなくなります。誰かがうっかりコードに足を引っかけてしまうリスクを減らすこともできます。

 

テレビの周りには何かとコンセントを使用するものが多くありますよね。近くに床コンセントがあると複数のコードを壁まで引っ張る必要がなくなるので、見た目もスッキリしてコードにつまづくこともなくなるでしょう。

 

●壁コンセント

当たり前のことですが、電気機器の近くには壁コンセントは必須です。冷蔵庫や洗濯機、エアコン、トイレに温水洗浄機能がついている場合はトイレにもコンセントは必要になってきます。

 

ほかにも、パソコンを置いているデスク周りやキッチンの周りなどにコンセントがあると便利です。コンセントの増設を考えているかたは、こういった場所も検討してみてはいかがでしょうか。

 

コンセント増設をするときの注意点

コンセントを増設すると、私たちの暮らしは快適になるかもしれません。しかし、増設や設置の際には注意する点があります。まずは使用目的をはっきりとさせることです。理由は電気機器によって使用する電圧が異なるからです。せっかくコンセントを設置したのに目的の電気機器が使えなくては設置費用が無駄になってしまいます。

 

もうひとつは、水やホコリによる事故に注意することです。コンセントに水やホコリが被ってしまうと、漏電や火災につながりかねません。床コンセントはホコリや食べこぼし、こぼした飲み物などが入り込みやすいため、使用していないときは絶対に床にしまい込むようにしてください。

 

また、床コンセントだけでなく、キッチンなど水を頻繁に使うところにある壁コンセントや、部屋の隅など、ホコリのたまりやすいところにある壁コンセントにも十分注意してください。

 

まとめ

電子機器を使用する機会が増えた現代ではコンセントは私たちの生活になくてはならない存在です。壁に設置するコンセントだけでなく、床コンセントというものもあり、壁からコードを引っ張る必要がないので、コードに足を引っかける心配もなく、便利に使用することができます。しかし工事費用が高額になる場合が多いです。

 

コンセントの増設で注意するべき点は、使用目的をしっかりと持つことです。設置した後に目的の電子機器が使えなくては工事費用が無駄になってしまいます。また、コンセントの中に水やホコリが入らないように、台所にあるコンセントや床コンセントには注意を払うようにしてください。

 

電気工事士の資格を持っていないかたは、コンセントの増設は業者に依頼しましょう。素人がコンセントの工事をおこなうのは大変危険です。また、業者を選ぶときは相見積を取ってもらい、業者を比較すると、きっと自分にあった業者を見つけることができます。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103