コラム

1つのコンセントに流せる電流(アンペア)は?許容電流を知ろう!

1つのコンセントに流せる電流(アンペア)は?許容電流を知ろう!

 

コンセントとアンペア。よく聞く言葉ではありますが、実際の関係を把握している人はどのくらいいるのでしょうか?電気にまつわる言葉で、同じような意味を持つ「W(ワット)」や「V(ボルト)」もあるため、混乱はより根深いものになってしまいがちですよね。

 

アンペアとは、簡単にいえば電気が流れる量を表す、ひとつの単位です。「電気が流れる量?どういうこと?」と、まだまだ疑問が解けない人も多いでしょう。今回のコラムを最後までお読みいただければ、その疑問は氷解するはずです。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

コンセントに流せる電流(アンペア)は15A

「A(アンペア)」とは電気にまつわるひとつの単位のこと、その事実を知っている人は多いでしょう。しかし、詳しく紐解いていくと、実際は知らないことだらけ、という人が多いことも事実だと思います。ここではまず、コンセントとアンペアについて紹介します。

アンペアとは?

アンペアとは、電気が流れる量を表す言葉です。一般的な家庭で目にするアンペアの値は15A(アンペア)。この単位を基準にして、さまざまな家電製品を、どの部屋で、どのくらい使うことができるようになるのかが、わかるようになっています。

 

同じような言葉に「V(ボルト)」があります。ボルトは電流を流す大きさのことを示す言葉。日本の家庭では一般的に100Vが使われています。ボルトは川を流れる水の速さのようなものです。100Vは穏やかな、200Vは激流を下るようなイメージです。電気を押し出す力、ともいえるでしょう。

 

同様に「W(ワット)」は、電気を使用しておこなう仕事の大きさといわれます。家電製品によくついているワットの表示。これは家電製品を使用するうえで必要になる電力を示しています。家電の消費電力が200Wであれば、使用する電力は200Wとなります。

 

これらの組み合わせを式にしてみると、下記のような関係が見えてきます。

 

「A(アンペア)」×「V(ボルト)」=「W(ワット)」

 

たとえば、ご自宅のコンセントのアンペアが15Aで、電圧であるボルトが100Vであった場合、そのコンセントで使用できる消費電力=ワットは1,500Wとなります。

 

コンセント1つの定格電流は15A

定格電流とは、そのコンセントで使える電力の総数を表したものです。日本の一般的なコンセントの定格電流は15A。数値まで電力が使えるという目安になります。注意したいのは定格電流はコンセントの合計値であるということです。2口でも3口でも、使える電力は1,500Wとなります。

 

15Aではないケースも

一般的には15Aといわれる定格電流も、コンセントから伸びている配線が許容できる電流によっては異なります。定格電流は基本的に15A、はあくまで一般論です。環境によって変わることがあることも、知っておくのがよいでしょう。

 

ご家庭でよく使う家電の消費電力はいくつ?

ご家庭でよく使う家電の消費電力はいくつ?

 

コンセントとアンペアの関係性は、把握できたでしょうか?日本のご家庭でひとつのコンセントで使用できる電力は、1,500Aが目安です。この数値を超えてしまうとブレーカーが作動し、停電してしまいます。そこで気になる家電の消費電力目安を、下記で紹介します。

 

・ファンヒーター 1,500W

・ホットカーペット 1,300W

・ドライヤー 1,200W

・こたつ 600W

・テレビ 300W

 

これらの数値はあくまで目安です。詳細な数値はメーカーや機種によっても異なりますので、詳しくは説明書などを参照するようにしてみてください。ご覧いただいてもわかるように、熱を生み出す家電の消費電力が高いのは明らかでしょう。

 

ファンヒーターやホットカーペットを使用しているタイミングで、電子レンジやドライヤーを使用すると、ブレーカーが落ちてしまうのはこのためです。消費電力が大きい家電を同時に使用するときは、タイミングをずらすなど、工夫が必要でしょう。

 

たこ足配線は使用方法を間違えると火災の原因に!

とても便利なたこ足配線。多くの家電を同時に使用できるようになる、魔法のような便利アイテムです。現在ご自宅で使用している人も多いでしょう。しかし、コンセントとアンペアの関係を把握しつつある今、使用に注意が必要なことにお気づきの人もいるのでは?

たこ足配線とは?

“テーブルタップ”という正式名称を持つたこ足配線は、そのたこのような見た目から、たこ足配線と呼ばれています。延長コード代わりとして、複数の家電を同時に使用するため、使用している人もいるでしょう。スイッチ付き、ランプ付きなど、機能も豊富です。

 

定格電力を超えてしまうと火災の原因に

しかし、この便利なたこ足配線ですが、使用方法によっては危険がともないます。それはたこ足配線に多くの家電をつなげ、定格電力を超えて使用している場合です。

 

定格電力を超えて使用している場合、コンセント内部の配線が電力に耐えられなくなり、ブレーカーが落ちる前に火災に発展してしまうことがあるのです。同様に、ホコリが溜まりがちなたこ足配線は、掃除を怠ると火災につながることがあります。

 

定格電力を超えないための対策方法

たこ足配線を用いる場合は、使用しているコンセントの定格電力を超えないように注意しましょう。基準として、1,500Wを超えないようにすることが必要です。オーブンレンジやドライヤーなどをたこ足配線で使用することは避け、タイミングをわけて使用しましょう。

 

新しくコンセントを増設するならプロに相談しよう!

新しくコンセントを増設するならプロに相談しよう!

 

コンセントにあるアンペアの設定。どうしてもコンセントの定格電力を超えてしまう、という人は、コンセントの増設を検討してみてはいかがでしょうか?コンセントの数を増やせば、たとえ大きな消費電力のある家電を使用するときも、分散させることができます。

 

とはいえ、コンセントの増設を自分でおこなうのは危険がともないます。必ず電気工事のプロに依頼をするようにしましょう。まずは簡単にできる見積りから始めてみるのがオススメです。コンセントを増やせば、快適な生活空間を築くことができるでしょう。

 

まとめ

コンセントやアンペア、ボルトにワットなど、さまざまな用語が飛び交う電気回り、コンセント回りの仕組みを理解することができたでしょうか?アンペアは電気が流れる量を表す単位、定格電力というコンセントごとに設定された数値にも注目です。

 

どうしてもコンセントの数が足りない、消費電力の大きな家電をいくつか使いたい、そうお悩みの人は、コンセントのプロに相談してみてはいかがでしょうか?コンセントの増設は、今からでも可能です。ぜひ快適な家電ライフを謳歌(おうか)してください。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103