コラム

コンセントが熱い?原因と危険性を知ってトラブル回避をしよう

コンセントが熱い?原因と危険性を知ってトラブル回避をしよう

 

みなさんが普段毎日のように使用している電化製品。使用しているときに、コンセントが熱い状態になったことはありませんか?だいたいの方は、「電気を使い続けているからだろう」と軽く流してしまうかもしれません。

しかし、その状態を放置してはいけません。見てみぬふりを続けてしまいますと、その間に発熱状態が続いてしまい、大変危険な事態へと悪化してしまうのです。

コンセントが熱いまま放置すると、何が危険なのでしょうか。熱くなる原因や、放置する危険性、予防方法を合わせてお伝えいたします。

 

 

コンセントが熱くなるのはなぜ?

電気を流し続けたコンセントを触ってみると、熱い!と感じたことは、誰しもあるかと思います。ではなぜコンセントは熱くなってしまうのでしょうか。心当たりのない方は、一度コンセントを使用している状態を確かめてみてください。

もし故障している可能性がありましたら、使用するのをやめ、修理や交換を依頼しましょう。

たこ足配線をしている

たこ足配線とは何のことなのか、知っている方もいるかもしれません。簡単に説明いたしますと、複数の差込口を電気タップによって増やし、いくつかの電化製品を同時に使用することをいいます。

コンセントの電気の使用量は決められており、一般的には一つのコンセントにつき、15Aの定格容量があるといわれています。よって、15A以内に収まるように使用しなければいけませんので、たこ足配線は要注意です。

 

接触不良が起きている

古い電気タップを使用していますと、中のバネの力がなくなり、接触不良の原因となってしまいます。接触不良が起きると、プラグとコンセントの接触面が少なくなります。その小さな接触面に通常の電気を流してしまいますと、発熱してしまうのです。

接触不良かどうかの確認は、他の延長コードの電気タップに、プラグを差したり抜いたりしてみてください。発熱を感じたコンセントの方に同じプラグを差して、差を感じるようでしたら、コンセントに不具合があると考えられますので、新しいものと交換しましょう。

 

電線コードが断線しかけている

老朽化やコンセントの根元の負担により、電線コードが断線しかけてしまうことがあります。断線しそうになっている状態は、電気の流れるところが小さくなってしまっているので、通常の電気を流すことで接触不良のときと同じく発熱してしまいます。

断線しかける原因としては、普段プラグの根元部分をもたずに、コードを引っ張って抜いてしまうことが多いです。また、コードの根元部分を斜めにしたまま使用してしまうことでも起こってしまいます。

コードを動かすことで電気が使用できるようになる場合は、断線しかけていますのですぐに直してもらいましょう。

 

プラグにサビが発生している

水の使用が多い、キッチンや洗面台付近などは、電化製品に錆びができてしまう原因となります。プラグに錆びができてしまいますと、電気を流した際に発熱します。

もし錆びたプラグがどこに差しても発熱するようでしたら、錆びをとるか、交換をしてもらいましょう。

 

コンセントが熱くなるのは危険なことです!

コンセントが熱くなるのは危険なことです!

 

コンセントが熱くなってしまうと、具体的にどのような被害があるのでしょうか。コンセントが熱いまま放置してしまいますと、発熱が原因で発火してしまう恐れがあり、火事に発展してしまうことがあります。

発熱だけで火事が起きるの?と不思議に思うかもしれませんが、電気を流したときに起こる発熱は、流せる電気の量の許容範囲を超えていることが多いです。使用しているプラグの周りがホコリだらけですと、そのホコリがプラグに付着することで、発火してしまう恐れがあるのです。

 

コンセントが熱くならないようにするには?

コンセントの発熱を放置してしまいますと、最悪の場合火事を引き起こしてしまうことが分かったかと思います。しかし、そもそも発熱しないように日頃から予防をしておけば、そのような被害は免れることができますよね。

具体的な予防方法をお教えしますのでご安心ください。

電源を入れたままにしない

使用している電化製品の電源をオフにしてからコンセントを抜かないと、電気が一気に流れることになりますので、火花が散ってしまう恐れがあります。電源を抜くときや、差すときは、必ず本体の電源をオフにしてからおこなうようにしてください。

 

たこ足配線はやめる

たこ足配線は、便利なのでついついたくさん差したくなるかと思いますが、必ず定格容量内に収まるように差してください。適度な数を差すことで、見た目もすっきりしますし、ホコリもたまりづらくなるでしょう。

 

コードを束ねたままにしない

コードを束ねると、コンパクトにまとめることができるので、ついついやりがちかと思います。しかし、その状態で電化製品を使用することは危険ですので、絶対に避けてください。コードを束ねてしまいますと、放熱ができなくなり、ショートの原因や断線による発熱が起きてしまう恐れがあります。

 

コードに負荷をかけない

長いコードが邪魔だからといって、雑に扱わないように気を付けましょう。ドアに挟んだままにしてしまったり、家具に潰されたりしないようにしてください。断線を引き起こす原因となってしまいます。

 

スマホの充電器が熱くなったことありませんか?

スマホの充電器が熱くなったことありませんか?

 

みなさんが使用しているスマホ、「本体自体が熱くなった」なんてことはよくあることだと思いますが、「スマホの充電器が触れないくらい熱くなっていた」なんて経験をしたことはありますか?その状態、実は危険なのです。

スマホの充電器が熱くなってしまいますと、変色しだし、そのうち発火してしまうといったケースがあるのです。

なぜスマホの充電器は熱くなってしまうのでしょうか。熱くなる原因と、予防方法についてもお教えします。

 

スマホの充電器が熱くなる原因

スマホの充電器が熱くなってしまうのは、先ほどお伝えした発熱の原因と同じように、「たこ足配線や」「接触不良」「断線しかけている」などが挙げられます。また、充電器自体の劣化も、発熱の原因になりますので、それらの原因に当てはまるようでしたら、修理や交換をしましょう。

 

熱くならないためにできること

スマホの充電器が熱くならないようにするには、まずコンセントを差すときに、きちんと奥まで差すように心掛けましょう。接触面が少ないのにいつも通りの電流を流してしまうと、許容範囲を超え発熱してしまいます。

次に、たこ足配線をしないようにしましょう。電化製品を同時に使わないように気を付けてください。スイッチ式のものを使用すると、電気の使用量が制限されるのでオススメです。

充電器を抜くときは、根元から抜くようにしましょう。断線を防ぐことができます。また、充電器が錆びてしまったり、中で断線してしまったりしていますと発熱してしまいます。充電器本体に異常がないか、確認をしましょう。

 

コンセントの熱がひかない!そんなときは業者に相談を

コンセントが熱い状態を発見しましたら、ただちに電源をオフにしましょう。原因不明の発熱が続くようでしたら、業者に依頼してみるのもいいかもしれません。

業者に依頼をしますと、当然プロによる判断で修理や交換してもらえるので、安心ですよね。発熱の症状を改善してくれるよう、ちゃんとした説明をしてくれる業者や、金額を丁寧に伝えてくれる業者を選ぶとよいでしょう。

 

まとめ

コンセントが熱い状態は、放っておくと、最悪の場合火事になってしまう恐れがあります。発熱の原因には、たこ足配線や、接触不良などがあります。いずれにせよ、原因を突き止め、修理や交換を依頼しましょう。

発熱による火事が起こらないよう、あらかじめ自分で予防をしておくのも大切です。電気の使用量を制限したり、コードを乱暴に扱ったりしないよう気を付けましょう。

もし、発熱の原因が分からずどうしたらいいか不安な場合は、知識をもった業者に依頼をしてみるのもいいかもしれません。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103