コラム

コンセントの移動をしたい!メリットや費用など情報をまとめます

コンセントの移動をしたい!メリットや費用など情報をまとめます

 

自宅にはコンセントがたくさんあります。各部屋、キッチン、寝室、洗面所、トイレとあらゆる箇所にコンセントは設置されています。しかし、中には使用していないコンセントもあるでしょう。それとは逆に、使いすぎて足りなくて、タコ足配線になっているコンセントもあるかもしれません。

今の世の中、電気を動力とする製品が多いため、何を使うにもコンセントが必要になっています。そんな便利なコンセントですが、不便さを感じるコンセントもあります。「なぜこの位置に?」「あっちの部屋ではなく、この部屋でもうひとつコンセントがあれば…。」など、コンセントの場所や位置に不満をもつ方もいるでしょう。

今回は「コンセントの移動」について解説していきます。コンセントの場所を変えたい方は、これを読んでどのように移動させるのか参考にしてみてください。

 

コンセントの移動・増設をするメリット

普段生活をしていて、コンセントが多くて困った経験はおそらくないかもしれません。でも、コンセントがなくて困った経験や、いま現在、足りなくて長い延長コードで遠くから引っ張っているご家庭もあるでしょう。

そんな状況でコンセントが増えたり、今使っていない場所のコンセントを移動できたりしたら、とても便利ですよね。ここではコンセントの移動や増設によるメリットをお伝えします。

使える場所が増える

電気を必要とする製品はたくさんあります。きっと家の中も電化製品だらけでしょう。たとえば携帯電話やゲームの充電器でも、どこの部屋にいても充電ができるととても便利です。ちょうどよい場所にコンセントがあると、快適に部屋の中で過ごせます。

制限されない

コンセントの数が少なかったり、場所によっては「これを使うにはこっちのコンセントを抜かないといけない」という状況になったり、何かしらの制限が出てきます。しかしコンセントを増設する、または移動させると「これはこっちで使って、これはあっちで使おう」とうまく配分できるようになります。使いたい製品を我慢することなく、どれでも好きなものを使えるのでストレスを感じません。

 

移動するならどこ?使いやすいコンセントの位置と高さ

移動するならどこ?使いやすいコンセントの位置と高さ

 

コンセントの位置は、床から25㎝で設定されていることが多いです。たしかに一番使用しやすい高さですが、時にはライフスタイルや用途によって変わります。ここでは「もしあったら便利だな」という参考例を挙げていきます。

キッチン

キッチンでは料理をするため、料理がしやすい位置を考えると便利です。キッチン製品は、必要なときに使う家電製品と、常時コンセントに挿しっぱなしの製品に分かれます。

冷蔵庫は、常時挿しっぱなしになるため、水のかかる恐れがなく、火の元から離れた場所が好ましいです。床から130㎝ほどの高さがあると、水漏れが発生してもコンセントが水浸しになる心配もありません。

必要なときのみ使うミキサーやトースターなどは、ちょっと高い位置にあると、コードが作業の邪魔になりません。挿したり抜いたりすることを考えると、できるだけ目に見える範囲にコンセントがあると便利です。オーブンや冷蔵庫の後ろのコンセントでは毎回、手を隙間に入れて抜き挿しするのは不便です。また目に見える場所のコンセントでも、低い位置にあると思わず足で引っ掛けてしまったり、コードがシンクに浸かったりするので、床から120-140㎝くらいが使い勝手がよいでしょう。

リビング

模様替えや、ソファーの配置を替えることもあるリビングは、コンセントの数が多いほうが便利です。家具の配置によっては、コンセントが隠れてしまい使えないコンセントも出てきます。そのために、家具の配置に悩まないといけません。しかし、数が多ければいくつかコンセントをふさいでしまっても、他のコンセントがあるので何も不自由はしません。リビングも床から25㎝のコンセントが多いですが、いくつかちょっと高めの位置にあるコンセントがあっても便利です。リビングには多くの家電製品があり、すべてを床に這わせるよりは、使い分けるほうが配線でごちゃごちゃしません。

たとえば、製品自体に高さのある電気スタンドなどはちょっと上の高さのコンセントも使用するとよいです。

エアコンのような壁面高所では、コンセントが目立たないほうが見た目がスッキリするため、床から180-200㎝がベストです。

反対に電気カーペットなど、床に置くタイプの電化製品は、床に近い高さのコンセントを使用するのが妥当です。

掃除機の場合、高さは通常の25㎝でかまいませんが、コンセントの数が多いほうがよいです。掃除機はリビングだけではなく家中使用するので、廊下や玄関など、あまり使わないような場所にもひとつずつ増設すると、掃除機を使うとき便利です。

最近では、充電式掃除機もあるため、目立たないクローゼットなどにコンセントがあると、収納しながら充電ができるというメリットもあります。

子供部屋

子供がいると、成長ごとに部屋の中も大きく変化します。そのため将来を考え、多めにコンセントがあっても困らないでしょう。最近の勉強机には電源プラグ付きがあります。しかし使おうと思ってもちょうどよい位置にコンセントがなく使えないこともあります。パソコンを使用することを考えると、机に置くため床から100-120㎝の高さにコンセントがひとつあってもよいでしょう。

お子さまと高齢者は高さに注意

小さなお子さまがいる家庭では低い位置のコンセントには注意が必要です。なんでも興味をもつお子さまは、思わずコンセントに指を入れたり、小さな金具やクリップなどをねじ込んだりしてしまう恐れがあります。そのような危ない行為から守るため、各メーカーから販売されているコンセントカバーを取り付けるのが1つの手です。お子さまの手が届かない安全な位置へ移動させることも検討してみるとよいでしょう。

また高齢の方は、低い位置のコンセントでは腰をかがめる必要があるため、体に負担がかかります。床から40-45㎝ほどにすると腰を深くかがめる必要がなく、コンセントにも手が届くので使いやすくなります。

 

業者依頼時に気になる!工事費用と費用を抑えるポイント

業者依頼時に気になる!工事費用と費用を抑えるポイント

 

プロの業者に依頼するとき、気になるのが費用です。希望する設置場所への移設内容によって料金も変わります。ここでは費用やよい業者について解説していきます。

コンセントの増設や移動はDIYでできる?

業者に頼むのは高いので自分でやってしまおうと考える方もいるでしょう。最近ではなんでも自分でおこなうDIYが流行っています。ちょっとした家具や壁貼りなど、案外簡単にできるため、コンセントの移動もできるかも?と思ってしまいます。

しかし、素人のコンセントの移動や増設、コンセント工事は一切できません。ブログなどでコンセントを自力で移動する手順が紹介されていたりしますが、電気配線を扱う工事なので「電気工事士」という資格が必要です。もし無資格でおこなえば、立派な違反です。それ以上に、素人の方がおこなうと、感電や漏電など危険が多いので、決してやらないでください。必ず、専門業者に依頼しましょう。

工事費用と費用を抑えるポイント

業者にかかる費用は主に、

人件費+工事費+保証+その他(消費税など)です。

人件費や保証はしかたないとして、工事費が大きく費用に差が出る部分です。

 

費用を抑えるポイントは、コンセントの移設が近い距離であることです。

たとえばコンセントの移動工事や増設工事は、スイッチや既存の配線から距離が遠ければ遠いほど、配線を伸ばすため費用が高くなり、逆に移動する距離が短いと閉栓をそのまま使えたりするので安価で済むことが多いのです。

また、壁を挟んですぐ裏側の部屋だと配線もそのまま使えるので高額にならないでしょう。

さらに、コンセントが足らない問題なら、挿し込み口を2口から4口に増加する方法もあります。これなら比較的安価です。

高額になりやすいのは、分電盤から専用船を引く工事です。IHやエアコンはこのケースに当てはまるため、新しく設置するときはよく検討してください。また電圧ボルト数の変更をしたい場合も、古い分電盤を使っている場合、本体も工事が必要になる可能性が高いのでコストがかかります。

優良業者の選び方

コンセントの移動をする位置などが決まったら、業者に依頼します。施工を請け負ってくれる業者は主に、「街の電気屋さん」「電気工事店」「リフォーム業者」がありますが、どの業者にしても何を基準にして選ぶかが重要です。よい業者の見分けるポイント4つを上げてみます。

1. 電気工事士の資格がある

コンセント工事は資格がないとできません。

2. 見積り内容が明確である

費用のみの記載ではなく、何の作業に費用がいくらか、内容も明記してあることを確認しましょう。

3. 損害保険に加入している

施工中、もし何かあったとき損害補償があると安心です。

4. 施工後のアフターサービスがある

施工後、不具合がおきたらすぐに無料でやり直してくれないと困ります。

 

まとめ

コンセントは家を建てたとき、購入したときに設置されることが大半です。ご自分で新地気を建てるときはきっと早割など考え、コンセントの位置もおおよそ検討しながら位置を決めた方も多いはずです。

しかし、いざ住んでみると案外、使用しないコンセントが出てきたり、家具を置いたら隠れてしまった、使いにくい位置だったなど問題が出た方もいるでしょう。

今回は、コンセントの移動をテーマーにお伝えしました。工事費用もかかるため、コンセントを移動させるときはよくシミュレーションをしてからプロへ依頼しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 4.00 )
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。