コラム

埋め込み型のUSBコンセント、あなたも導入してみますか?

埋め込み型のUSBコンセント、あなたも導入してみますか?

現在コンセントを使用する目的の中でも「スマートフォンやタブレット端末の充電」は私たちの生活に欠かせないものになっています。

しかし、充電するたびに毎回専用のアダプターが必要であり、コンセントの周りがごちゃごちゃしてしまいがちです。

そんなときに役立つのが、コンセントの中にUSBのACアダプターを内蔵した「USBコンセント」です。

まだあまり普及していないこのUSBコンセントですが、どういった点で生活の役に立つのでしょうか。今回は、メリットだけでなくコンセントの交換方法なども合わせて解説していきます。

 

 

埋め込み型のUSBコンセントを導入するメリット

まずは、USBコンセントを導入したらどんなメリットがあるか、コンセント周りの環境がどう変わったかについて紹介していきます。

そして、USBコンセントが導入されている実例や、USBコンセントの種類についても合わせて紹介していきましょう。

 

ACアダプターがいらない

ACアダプターが必要ないので、今までのようにコンセントの周りが大きな充電器に占領されてしまうということがなくなります。

たこ足配線にならないので、そこから発生する可能性もある火事も防ぐことができるでしょう。

 

見た目がスッキリする

直接にUSBケーブルを差し込めるので、コンセントの周りの見た目をスッキリとさせることができます。ACアダプターのサイズによってはコンセントに差すと残りのコンセントに他のものが差し込めなくなることもあるので、USBケーブルになっているとそのようなことも起こらなくなります。

 

USBコンセントが導入されている例

家庭ではあまりまだ普及していないUSBコンセントですが、実は既に導入されている場所があるのです。

それは「ホテル」です。コンセントの差し込み口は国によって異なり、そのため、旅行で日本を訪れたが充電できないという事態になることもあります。

しかし、USBケーブルの口は世界共通となっており、部屋の雰囲気を壊さないのでUSBコンセントが重視されています。

また、同じ理由から、飲食店や空港など海外からの旅行客が多く訪れる施設でも導入が進んでいます。

 

USBコンセントの種類

現在世に出回っているUSBコンセントには差込口の量によって2種類があり、それぞれ差込口の数など違いがあります。

  • ・1ポートタイプ

USBの差込口が1つあり。通常のコンセントも1つ使えます。通常のコンセントの代わりに扉付接地コンセントが付いているものもあります。

  • ・2ポートタイプ

こちらはUSBの差込口が2つあるもので、こちらも通常のコンセントと扉付接地のどちらかが共に付いています。

出力電流は1ポートタイプが2A出力できるのに対し、2ポートタイプは合わせて2Aの出力となります。

 

コンセントの交換方法

コンセントの交換方法

 

では自宅のコンセントをUSBコンセントに交換する場合、どうすればいいのか。その方法を説明します。

 

交換の前に確認しておくこと

まず、コンセントの交換というこの作業は「電気工事士」の資格が必要です。この資格を持っていないようであれば、電気工事の業者に依頼しましょう。

ここでは、業者に依頼したらどのように交換してくれるのかという手順をご紹介します。

工事を依頼する前に、USBコンセントを設置するには奥行きが55㎜以上必要なので、設置したい壁の奥行きを測っておきましょう。

 

依頼したときの作業手順

まずはコンセントの周りのプレートを外します。

プレートの下側に小さな溝があり、そこにマイナスドライバーを差し込んで引くと外すことができます。

外すともう1つ枠があるので、ネジを外し、電線に繋がったコンセントを引き出します。そして、コンセントの裏側にある穴にマイナスドライバーを奥まで差し込み、電線を引き抜きます。

引き抜いた電線は、黒色の心線をUSBコンセントの電圧側電線穴に差し込み、白色の心線を接地側の穴へ差し込みます。

最後に、埋込ボックスにUSBコンセントをセットして、外したプレートを取り付ける。

これでUSBコンセントは設置完了となります。

ただ、USBコンセントは電源に接続され続けている状態であり、別でスイッチを設置しておかないと電源を切ることができません。そのための別にスイッチの設置が必要となるので注意しましょう。

 

USBコンセントを利用する上での注意点

USBコンセントを利用する上での注意点

 

ここからはUSBコンセントを利用する上での注意点を解説していきます。どんな点に注意しておくべきなのか、導入してから気づいて後悔しないためにもしっかりと把握しておきましょう。

 

充電速度があまり速くない

スマートフォンやタブレット端末を充電する際、少しでも早く充電を終わらせたいと思うのが普通ですよね。タブレット端末はバッテリー容量が大きいこともあり2Aの充電器を使用します。

しかしUSBコンセントは前述したように1ポートタイプでも2ポートタイプでもどちらでも2Aまでしか出力されません。

このことから、2台のスマートフォンを同時に充電したり、大きな出力が必要なタブレット端末を充電したりするには時間がかかってしまいます。

そして、USBの差込口が多くても2つというのも少なすぎるかもしれません。外出から帰ってきてスマートフォンを充電してしまうと、使用していたモバイルバッテリーやポケットWi-Fiなどの充電が必要なアイテムを1つずつしか充電することができません。

家族が多い家庭であったら、確実に同時充電が可能な数が2つでは足りないでしょう。

 

異音がしてしまうことも

絶対ではないようですが、USBコンセント使用しているとモスキート音のような小さな音が鳴ってしまうことがあるようです。

人によっては聞こえないような高い音のようなので気にならないのならそのまま使い続けて大丈夫ですが、耳障りのようならば1度家電量販店や電気工事の業者に相談をしてみると良いでしょう。

 

通常のコンセントに耐久性で劣ってしまう

世間一般に普及しているコンセントと比べるとUSBコンセントは内部の構造が複雑で、充電のたびにコードを抜き差ししているといつの間にか壊れてしまい反応しなくなってしまうかもしれません。

また、壁に埋め込まれているので、短いコードを使用している場合、充電時スマートフォンを不安定な状態にしておかなければならなく、コードの断線やコンセントの破損に繋がることもあります。

充電の際は長いケーブルか、スマートフォンを固定しておくものが用いたほうが良いでしょう。

 

まとめ

まだまだ使用上の注意点や短所が目立ってしまい普及には至っていませんが、これを見ている方がもしホテルや飲食店などを営んでいる場合、導入を検討してみてもいいかもしれません。

通常のコンセントは国や地域によって規格がそれぞれ違い、旅行先では使用できなかったという話はよく聞きます。USBメモリを導入することによってそんな煩わしさを解消し、快適さを提供することができるでしょう。

ただ、導入するための工事は必ず電気工事士の資格を持った人が行わないといけません。そのため、業者に依頼して安全に作業してもらいましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103