コラム

コンセントから漏電している!知っておくべきポイント3つ

コンセントから漏電している!知っておくべきポイント3つ

 

電気は私たちの生活にかかせない、便利なものですよね。みなさんのご自宅にはいくつのコンセントがありますか?すぐに答えられないかもしれません。

 

それだけ気にとめることもなく、でも身近な存在なコンセント。当たり前のようにありすぎて普段から注意して見ることもないと思います。

 

文化の発展とともに、電気は流通するようになりました。そのおかげでなにを動かすにも電気を使うようになり、使用する分だけ自宅でも必要なコンセントの数が随分と増えました。

 

 

これだけ自由に使っているコンセントで、みなさんは漏電を経験されたことはありますか?今回は漏電について、みなさんに知っておいてほしい漏電の原因とチェック法、また漏電したときの対処法、最後に漏電させないために気を付けるべきポイントをお話したいと思います。

 

 

コンセントから漏電してない?原因とチェック方法

コンセントから漏電してない?原因とチェック方法

 

漏電の原因とは?

 

漏電はなぜ起きるのでしょうか?漏電とは字のごとく、電気が流れ漏れることです。
なぜ流れ漏れることがあるのでしょうか?漏電の原因をお話していきたいと思います。

 

①絶縁体の劣化・破損

水を思い浮かべてください。ホースから水を出します。そのときホースに亀裂があるとそこから水はにじみこぼれてきます。これが電気の場合、ホースに代わって配線やケーブルになるわけです。

 

形がなく目には見えない電気は、絶縁体でおおわれたケーブルにつながなければあちこちに流れてしまいます。絶縁体で本来通ってはいけない道をふさいでいるのです。しかしケーブルや配線が破損していると、電気が本来のルートから外れて漏電となるのです。

 

②水漏れ。

水は電気を通しやすいため、電気製品に水分がつくと簡単に漏電してしまいます。屋根の雨漏りから漏電していることもあります。ご自宅の天井で、雨染みはありませんか?雨漏りから、屋根から照明器具へ水が入り漏電します。

 

③ネズミなどの動物

ネズミなどの動物が原因での漏電は、知らないうちに起こっている可能性があります。ネズミが配線をかじってしまうことで、絶縁体に亀裂が入り電気が漏れてしまうのです。

 

④トラッキング現象

コンセントとプラグの隙間にホコリが溜まり、そのホコリが湿気と合わさると電気が通れます。そのときに火花を起こし、発火することをトラッキング現象と呼びます。これは長時間さしたままのコンセントプラグや、コンセントプラグにゆるみがでてしまうと起こりやすいです。

 

⑤アース線

アース線には、緑色の線で漏電したとき感電しないように電気をアース(大地)へ流す役割があります。大量の電力を使う冷蔵庫や洗濯機には必ずついていますが、他のアースがついていない電気製品は、電気を大地に逃がすことができず漏電につながることもあります。

 

今すぐできる!漏電のチェック方法

 

漏電は自分でチェックすることができることがあります。簡単な方法で漏電チェックしてみましょう。

 

①電気料金が上がった

「いつもと変わらない使用料なはずなのに、今月は電気代が高い」
そう思ったら漏電を疑ってください。この頃は定期的に電力会社の方が点検をしてくれているので、もし数値が上がっていれば教えてくれるかと思います。しかし、念のためご自分でも料金を確認しておくと良いでしょう。

 

②漏電ブレーカー

漏電ブレーカーは、漏電遮断器とも言い、漏電を感知すると自動的に電流を止めてくれる装置です。

 

漏電ブレーカーについては手順も一緒に説明していきます。まず、すべてのブレーカーを切ってください。次に漏電ブレーカーのスイッチを入れます。そして各部屋の小さなブレーカーを順番にひとつずつ入れてください。

 

このとき漏電ブレーカーが落ちたら、その部屋が漏電しているということです。その部屋のスイッチは「切」にしておいてください。

 

漏電の放置はリスクがある

 

漏電をそのままにしておくことは大変危険です。どんなことが起こるのでしょうか?

 

①感電(電気ショック)

体に電流が流れることです。漏電している電気製品に触れることで、電流が体を通ってしまうのです。感電による被害の大きさは電流がどれだけ流れたかで変わります。1㎃はピリッとする程度ですが、20㎃ともなると命にかかわってきます。100㎃ともなると致命的な結果となります。

 

また、水に濡れていると普段より電気を通しやすくなります。濡れた手でコンセントや電気製品に触ることはやめましょう。

 

②火災

木造アパートでは漏電からラス入りモルタル壁からの発火につながることもあります。木造建築の壁は電気の配線を通しているので、発火の可能性が高まるのです。さらに、さきほどお話したトラッキング現象での火花によって発火することも。

 

電気による火災はここ数年、年間1000以上起きています。漏電によってボヤ程度では済まない隣家を巻き込むほどの大きな火事になる可能性は十分あるのです。

 

漏電していた場合の対処法

漏電していた場合の対処法

 

では、もし漏電を発見したらどうしたら良いのでしょうか?2つの対処法をチェックしましょう。

 

自分でできる対処法

 

正直、自分でできることは少ないです。漏電している状態のコンセントは、むやみに自分で対処するととても危険なことであり、ほとんどの場合電気工事士という資格がないと作業できない作業だからです。

 

しかし、ひとつだけ行えることがあります。それは、さきほどお伝えした、漏電ブレーカーを使用しての漏電個所の特定です。漏電していたらブレーカーは落ちるので落ちたままにし、問題のない部屋のみブレーカーを上げてください。これで漏電している部屋で電気は使えなくなりますが、他の部屋では使えます。

 

無理はせず業者に依頼しましょう

 

やはり漏電の場合はプロの方おまかせしましょう。
町中やネット上見つかる電気工事店に連絡するのが早いです。電力会社へ連絡する方もおられるかもしれませんが、電力会社というのは屋外専門です。家の中のことは電気工事店で対処してもらいましょう。

 

漏電がコンセントからの場合、コンセントの取り換えになります。コンセントの交換程度なら費用も安く済むでしょう。

 

もう漏電させない!今後気を付けることは?

日ごろから行える簡単な漏電対策はたくさんあります。コンセント掃除など、できることから気を付けてみましょう。

 

①プラグやコンセントのホコリを掃除する
②傷んだコンセントやプラグは使用しない
③プラグをゆるませず、しっかりコンセントに差し込む
④電気コードを折ったり曲げたり、また束ねることもしない。負担がかかります
⑤濡れた手でコンセントや電気製品に触らない。感電の危険性があります
⑥ドライヤーなどの熱を出す機器は必ず使用後にプラグを抜く
⑦タコアシ配線はしない。プラグが足りないときはコンセントを増量しましょう
⑧コンセントの上に物を置かない。コードが傷みます
⑨アース線を取り付ける

 

アース線の説明はさきほどしましたが、とても重要な役割をしています。アース接続がしてあるか確認をしてみてください。接続をしていなかったらコンセントのアース端子につなげてください。また、接続口がなければ業者にお願いするとアース端子を作ってくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?いつも何気なく使用しているコンセントにも実は漏電という危険な要素があるということをお話させていただきました。しかし不必要に恐れることはありません。適切な扱いと、日常の注意で安心に使うことができます。

 

漏電ブレーカーの使用方法も解説しましたので、そちらを参考に一度漏電チェックしてみると良いかもしれません。万が一の場合、早くに気付くことができ結果、大きな事故やトラブルに発展することなく対処できることでしょう。

 

しかし、漏電個所の特定後は決してひとりで直そうとしないでください。コンセントの交換・増設などは「電気工事士」という資格が必要です。
もしなにか不安なことがあるようでたら、業者に相談してみることをおすすめします。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103