コラム

コンセント漏電が気になったら…3分でできるチェック方法と解決策

コンセント漏電が気になったら……3分でできるチェック方法と解決策

「コンセントから漏電している気がするけど大丈夫かな……?」そんなことを思ってはいませんか?

コンセントの漏電は放っておくと感電してしまうおそれがあるうえに、命に関わる危険性があります。いくら小さな場所の漏電だからと言っても、甘く見てはいけません。

今回は「そもそも漏電とはどんな状態なのか」や「コンセントの漏電による危険性」「漏電のチェック方法・解決策・防止策」などについてご紹介していきます。

漏電とはどうゆう状態?

そもそも漏電とは、どういったものなのでしょうか。その漏電によってどのような被害が出てしまうのか気になりますよね。では、その2点についてご紹介していきます。

漏電とは

漏電とは電気が外に漏れてしまい、流れ出てしまうことです。漏電が起こってしまう理由はいくつかあり、電気の配線や電気を使う機械自体の破損・劣化によって引き起こされてしまうそうです。

また一般的に、漏電が引き起こらないように「絶縁体」と呼ばれている電気を通さないものが、配線などに覆い被せられています。その絶縁の不具合によっても引き起こされるそうです。さらに、防水性ではない機械や電化製品に水がかかってしまった際にも漏電を引き起こすそうです。

漏電の危険性

「電気が外に漏れてしまったら、電気代がもったいない!」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、漏電は電気代よりも気をつけなければならないことがあります。

漏電は、火災や感電などに繋がってしまうおそれがあるのです。感電してしまって体に障害が残ってしまったり、最悪の場合死に至ってしまったりする危険があります。さらに被害が広がってしまうと、物に電気が感電してしまい、火災につながってしまうおそれがあります。そのままにせず、しっかり対処するようにしてください。

コンセントまわりから漏電が起こる原因

コンセント漏電が気になったら……3分でできるチェック方法と解決策

では、なぜコンセントまわりからも漏電するのでしょうか?その原因を正しく知って、少しでも予防できるようにしましょう。

トラッキング現象

この現象は、コンセントのすき間に入り込んでしまったホコリなどが、空気中の湿気などを吸収し、その水分によって漏電して発火してしまう現象のことです。また、この現象はコンセントとプラグの間にホコリが溜まっても起こる現象だそうです。

普段差しっぱなしにしているコンセントはありませんか?長年差したままにしてしまうと、どんどんホコリが蓄積されてしまいます。このような状態のコンセントは、トラッキング現象を起こしやすく危険です。トラッキング現象を起こさせないためにも、コンセントの掃除をこまめにしておきましょう。

また、タコ足配線はホコリが溜まりやすいのでこの現象が起こりやすいです。なるべくタコ足配線はやめておきましょう。

雨漏りや浸水

雨漏りや浸水によって漏電するおそれがあります。雨漏りの水分がコンセントに垂れてしまったり、室内がジメジメしてしまったりすると危険です。もし雨漏りしていたら、早急に修理をしましょう。

アース線がない

アース線とは、コンセントについている黄色や緑の線のことです。先端にはY字の金具がついています。地面に打ち込まれている金属の棒を伝って、電気を地面に流す際に使用されます。

長時間電化製品を使用すると、その電化製品の表面は電気を帯びてしまいます。そのときに人間が触れてしまうと感電してしまうのです。その感電を防ぐ役割をしているのがアース線です。溜まってしまった不要な電気を、地面に流す役割をしています。

このように、アース線は電化製品などに溜まってしまった不要な電気を流してくれるので、落雷による電化製品などの破損を抑えてくれます。また、静電気なども抑えてくれるそうです。

動物にかじられる

動物に配線などをかじられてしまうと絶縁体が傷つき、中の線がむき出しになってしまうことがあります。そうすると、そこから電気が漏電してしまうおそれがあるのです。

自宅でペットを飼っている方は特に注意してください。また、ネズミなどの害獣による被害もあるので、家でネズミを見かけた方は、業者に駆除してもらうようにしましょう。

プラグの緩み

コンセントとプラグがよく動くなんてことありませんか?そのような場合は、コンセントとプラグの接触の抵抗が大きくなってしまうため、発熱しやすくなります。

発熱してしまうと、線がサビついてしまうことがあります。サビが発火の原因になってしまうので、緩くなったものは避け、違う差込口に挿すようにしましょう。

漏電のチェック方法

「そもそも漏電しているのか分からない……」という方もいらっしゃいますよね。そのようなかたに向けて、漏電しているのかを見極めるいくつかのポイントをご紹介していきます。

電気料金

「先月と同じくらい電気を使っていたのに、今月の電気代高いな……」と電気代に変動があったら漏電しているサインかもしれません。もし電気代が高くなっていたら、漏電していないか、コンセントや電化製品などをチェックしてみましょう。

漏電ブレーカー

漏電ブレーカーを使って漏電場所を調べることができます。漏電ブレーカーは別名、漏電遮断器と呼ばれており、停電したときによく触るブレーカーの中に含まれています。

では、調べる方法をご説明していきます。

  1. 1.漏電ブレーカーを落とす。
  2. 2.分電盤のアンペアブレーカーを「入」にしてください。
  3. 3.安全ブレーカーをすべて切ってください。
  4. 4.漏電ブレーカーを「入」にしてください。
  5. 5.安全ブレーカーを1つずつ「入」にしてください。

漏電している箇所があると、安全ブレーカーを1つずつ「入」にしているときに、漏電ブレーカーが切れます。漏電ブレーカーが切れた場所が漏電しているということなので、その場所を重点的に調査してみましょう。

心配なら業者に点検してもらう

専用のテスターを使って調査する方法もあります。専用のテスターは、絶縁抵抗計と呼ばれており、別名メガテスターとも言われているそうです。では、テスターの使い方をご紹介いたします。絶縁抵抗計のバッテリーがあることを確認したら、以下の手順で漏電しているか確認してみましょう。

  1. 1.つまみを「500V 100MΩ」に合わせてください。
  2. 2.ブレーカーをすべて切ってください。
  3. 3.ブレーカーの線のLとNに別のワニ口クリップ(リード線)をつけてください。
  4. 4.ブレーカーのアース端子に絶縁抵抗計の黒クリップをはさんでください。
  5. 5.赤いワニ口クリップを先ほどのリード線にはさんでください。
  6. 6.絶縁抵抗計の計測ボタンを押し、指針が右に触れていけば漏電しているということです。

これらを場所が指定されているブレーカースイッチすべてにおこなってください。

心配なら業者に点検してもらう

「自分でちゃんと調べられるか心配……」というかたは、業者の人に頼むことをおすすめいたします。業者に頼むと、迅速に安全に処置を施してくれます。また、そのあとの修復工事の相談もできるので、とても安心です。

漏電していたら業者へ相談が安心解決策

コンセント漏電が気になったら……3分でできるチェック方法と解決策

実際に調べてみて漏電を発見した場合は、業者へ相談することをおすすめいたします。漏電をそのままにしておくのは危険ですので、直ちに業者へ連絡してください。

漏電の修復は業者に依頼するのが鉄則

漏電を自分で修復することは大変危険です。素人が作業をおこなってしまうと、感電してしまったり誤った位置に配線をつなげてしまったりするおそれがあります。

漏電の修復は、業者のかたに任せるようにしてください。業者に依頼すると、正しい方法で処置をし、その後のアドバイスなども教えてくれます。また業者に依頼する際、どの業者に依頼すればいいのか迷ってしまいますよね。最近では24時間365日、依頼電話を受け付けている業者紹介サイトがあるので、それを利用するのもおすすめです。

工事費や出張費を安く抑えるには

コンセントが漏電している場合は、コンセント本体を交換した方が料金は安くなる場合があります。また、コンセントから漏電していると、コンセントカバーなどが焼けてしまっている場合もあるでしょう。そのようなときもコンセント交換を依頼すれば、きれいなカバーを手に入れることができます。

業者に依頼したらなるべく費用は抑えたいですよね。工事費や出張費は業者によってそれぞれ違います。ですので、依頼の電話をする際に見積りを取るようにしましょう。複数の業者を見比べることによって、自分に合った業者を探すことができます。

ただし、安いからと言って即決してしまうと、自分の希望条件に合っていない場合があります。料金と施工内容をじっくり確認してみましょう。

普段からできる漏電を防ぐ方法

普段から漏電を防ぐ方法はあるのでしょうか?できれば被害が大きくなってしまう前に、なんとかしたいですよね。じつは、以下のことに気をつければ漏電を防ぐことができるのです。

電気コードの取り扱いに気をつける

電気コードの扱い方に注意してみましょう。普段、電気コードが邪魔だからと言って形を無理に変えてはいませんか?以下のことを守りましょう。

・折らない
折ってしまうと、電気コード内部の動線が切れてしまったり、絶縁体が破損してしまったりしてしまいます。そうすると、中の配線がむき出し状態になってしまい、漏電する危険性が高くなってしまいます。

・曲げない
こちらも「折らない」と同様に曲がったところに負荷がかかってしまい、中の配線が切れてしまうことがあります。極端に曲げないようにしましょう。

・束ねない
電気コードが邪魔だからと言って束ねてしまうのは大変危険です。電気コードは電気が通っているため、その抵抗の力で熱を発します。電気コードを束ねることによって、その熱が上手く放熱されなくなり、電気コードの劣化が進んでしまいます。

さらに、電気コードを束ねてしまったことによって蓄積された熱が高温になり、火災に繋がってしまう危険性があるのです。

特にたくさんの電気を消費する電化製品の電気コードには、より一層注意してください。消費する電気の量が多い電化製品の電気コードは、熱くなりやすいです。例えばアイロンやストーブの電気コードを触ってみてください。これらは電気の消費量が多いので、電気コードが熱くなりやすいのです。

・水、ホコリに気をつける
お風呂上りや洗い物をした後にコンセントに触れる場合は、よく手を拭いてから触るようにしましょう。水分による漏電を防ぎ、感電してしまうのを防止します。

さらに、雨漏りや湿気対策もおこなうようにしてください。雨漏りや湿気による水分の蓄積が原因で、漏電することも考えられます。

また、コンセント周辺のホコリをこまめに掃除するようにしてください。コンセント周りだけでなく、プラグの掃除もおこなうようにしてください。コンセントとプラグの間にはホコリが溜まりやすいです。一度プラグを抜いてからおこなうと安全に掃除することができます。

ですが、コンセントのすき間はせまいので掃除がしにくいものです。そんなときは、「エアーダスター」を使って掃除をするとスムーズにできますよ。エアーダスターとは、空気の入ったスプレーのことで、ホコリを風圧で吹き飛ばせるようになっております。こちらはパソコンのキーボードなどの掃除にも使えるので、持っておくと便利なのでおすすめです。

最近では、コンセントにホコリが侵入しないようにするグッズが販売されております。そのようなグッズやコンセントカバーを活用するのもおすすめです。

アース線を取りつける

もしアース線がついていないようでしたら、つけるようにしてください。不要な電気を逃がして、感電などを防いでくれます。もし自分で取りつけができないようでしたら、業者に依頼してみましょう。安全に丁寧に取りつけてくれますよ。

修理・点検は業者に依頼する

漏電の被害を防ぐためにも、業者に依頼することをおすすめいたします。業者の専門的な技術で点検・修理を施してくれるはずです。自分で点検するのは、感電や誤った操作をしてしまう危険性があります。身の安全や正確な施工をしてもらうためにも、ぜひ業者に相談してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。漏電は電気代が高くなってしまうこと以外にも、感電や火災などの命に関わる被害につながってしまうこともあるのです。

そんな漏電には、いくつかのサインがあります。電気代や専用のテスターなど、これらがきっかけで漏電を発見することができます。もし漏電が怪しいと感じていたら、調査してみてください。早期発見して、被害か広まらないようにしたいですね。

また、調査や修理は業者に頼むと安心です。専門の技術で安全におこなってくれます。最近では業者の一括見積りや、24時間電話対応しているサイトがありますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

  

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます