コラム

200Vのコンセントとは?100Vとの違いや変更方法について

家にあるコンセントが100Vのみのときに200V対応の電化製品を使用したい場合は、100Vから200Vのコンセントへ交換をしましょう。200Vの電化製品は、100Vのコンセントでは使用することができません。

100Vと200Vのコンセントの違いや、200Vのコンセントへ交換する方法についてお教えしますので、これから交換しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

その他、配線状況で異なる電気工事の内容や、コンセントの交換に必要な資格についてもご紹介します。

200Vのコンセントはどんなときに必要?

200Vのコンセントは、大きな家電製品を使用するときに必要になります。電圧が高くなることで、よりハイパワーな家電製品を選ぶことができるため、最近では200Vのコンセントを取り付ける人も多くなっています。

200Vが必要な電化製品の例を見てみましょう。

  • ・エアコン
  • ・IHクッキングヒーター
  • ・オーブンレンジ
  • ・電気自動車の充電
  • ・食器洗い乾燥機

エアコンなど、100Vでも使用することができるタイプのものもありますので、使用予定の家電製品が、200Vのものであるか、あらかじめ確認しておきましょう。

100Vと200Vのコンセントの違い

100Vと200Vのコンセントの違い

ご家庭で使われている100Vのコンセントと200Vのコンセントの大きな違いは、電圧です。電圧とは、分かりやすくいうと、電化製品が求めるエネルギーを与える力のことをいいます。

そのため、200Vの電化製品を使用したくても、100Vのコンセントでは使用することができませんので、注意しましょう。

また、100Vのコンセントと200Vのコンセントでは、コンセント自体の形状が異なります。コンセントの形状が一緒になってしまうと、100Vのコンセントに200Vの電化製品を接続した場合、想定以上の力が発生し、機器の焼損や火災になってしまう恐れがあるからです。

コンセントの形状を変えることで、誤接続を予防することができますので、見た目で違いを判断できるような形状にしているのです。

家のコンセントを100Vから200Vに変更することは可能?

200Vの電圧は、単相3線式という方式が使われています。単相3線式とは、2本の電圧線と1本の中性線を利用した方式であり、それがあることによって、100Vも200Vも使用することができます。

単相3線式は、現在多くの住宅で使われていますが、各コンセントまで100Vでしか配線していないことが多いですので、その場合は屋内配線工事をおこなう必要があります。

電圧変更などの電気工事は資格が必要です

200Vのコンセントを取り付けるためには、第二種電気工事士という資格が必要です。資格がない状態で工事をおこなうと、事故の危険性だけでなく、3ヶ月以下の懲役または3万円以下の罰金が発生する恐れがありますので、注意しましょう。

電気工事を依頼するときは、資格の有無や実績などに注目して選ぶのがオススメです。費用を安く抑えたい場合は、複数の業者で見積りをとって比べてみましょう。

配線状況で異なる電気工事の規模

配線状況で異なる電気工事の規模

電気工事を依頼した場合、単相3線式がどこまで来ているのかによって、工事内容が異なります。配線状況は、自分で簡単に確認することができますので、ご紹介する方法を順番に見ていきましょう。

【配線状況1】分電盤まで3線式が来ている

まずは、家の中にある分電盤のフタを開きましょう。一番大きなレバーの上に、3本の線が繋がれている場合は、単相3線式であるといえます。

単相3線式である場合は、コンセントの設置と分電盤と屋内配線工事をすることで、200Vへ変更することができます。

【配線状況2】軒下まで3線式が来ている

戸建住宅の場合、軒下付近にある引き込み口に、電柱から電線が伸びているはずです。この配線が3本だった場合は、単相3線式がそこまで来ているという状態になります。

この3本線は、軒下まで来ていても、分電盤まで来ていない場合は、分電盤の交換と、分電盤までの配線工事が追加で必要になります。

【配線状況3】軒下まで3線式が来ていない

軒下まで単相3線式が来ていなかった場合は、軒下までの配線工事が追加で必要になります。

具体的にどのような工事内容になるかは、業者に問い合わせて確認してみましょう。

まとめ

200Vのコンセントは、大きな家電製品を使うときに使用します。200Vのコンセントがあることで、よりハイパワーな家電製品である、エアコンやIHクッキングヒーター、オーブンレンジなどを使用することができます。

100Vのコンセントと200Vのコンセントの違いは、電圧とコンセントの形状です。100Vのコンセントで200Vの電化製品を使うことはできませんので、注意しましょう。

100Vのコンセントから、200Vのコンセントへ変更する工事には、第二種電気工事士という資格が必要です。自分で工事をおこなうことはできませんので、必ず電気工事業者に依頼をしましょう。

電気工事の内容は、単相3線式がどこまで来ているのかによって異なります。自分で確認することができますので、一度自分で見てみましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 4.00 )
読み込み中...
0800-805-7601

CM

選ばれる4つの理由