コラム

1箇所のコンセントから取れる電力は限られています

延長コードを買うときに、何ワットまでと但書がされているのを見たことがあると思います。これはその延長コード一本から取れる電力量を指定したものですが、その元の壁のコンセントなどでそれを気にする方は少ないようです。 実は、壁面のコンセントにも定格電流が決まっていて、15アンペアと定められているようです。実はこれにはもう一つ注意点があり、1口のコンセントでも、2つ口以上のコンセントでも、そのコンセントの定格電流料は決まっていないのです。 1000Vの電圧で15Aだと、1500Wまで使えるということです。2口コンセントなら3000W取れるというわけではなく、合計で1500Wということですから、1口目で800Wの電気機器を使っていたら、残りは700Wということになります。 これ以上の電圧を流すとどうなるかというと、過大な電流が流れているのでブレーカーの方で遮断されることがあります。また、壁の中の電線が大電流により加熱して、発火したりショートするという事故に発展する場合もあります。 冷蔵庫やIHクッキングヒーター、エアコンなど大電流が必要な電気機器に専用のコンセントが必要になるのは、主にそういった事情が関係しています。 もし、コンセントの数が足りなければ、当サイトにコンセント増設をご依頼ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0800-805-7601

CM

選ばれる4つの理由