コラム

避けた方がいいタコ足配線

現代ではパソコン、テレビ、ゲーム機、ブルーレイレコーダー等の家電もすっかりと普及し、個人の方が所有している家電の数も数年前に比べるとすっかり増えましたよね。それによって部屋に設置してあるコンセントの数も足りなくなってしまい、コンセントの延長コードを使用している方も多いのではないでしょうか。1つだけであればまだ安全かもしれませんが、それが2つ3つと増えていくといわゆる「タコ足配線」になってしまい、その状況は非常に危険なのです。1つのコンセントで使用出来る電気の容量は決まっており、タコ足配線になってしまうとその容量を超えてしまって発熱・発火する可能性があるのです。また電子レンジやエアコンなど、使用する電力が高いものを同時に差し込んで使用するのも危険なのです。延長コードにホコリと湿気が溜まってしまい、それが原因で「トラッキング現象」という現象が発生して発火して火事が起きてしまうこともあります。こんな危険を未然に防ぐためには、部屋に設置してあるコンセントの数を増やすことをおススメします。一戸建て住宅であればコンセントの数を増やすことが出来るので、業者の方に相談をしてみてはどうでしょうか。その際には当サイトがお力になりますよ。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0800-805-7601

CM

選ばれる4つの理由