コラム

ボルトとアンペアとワット

コンセントを含む電気設備の事を考えていると、どうしても見る事になるのが「ボルト(V)」と「アンペア(A)」と「ワット(W)」という記号ではないでしょうか。
どれも電気に関連した単位ですが、どれが何を指しているのかは以外に知らないものです。
ここではそれぞれにどういう意味があるのかをまとめてみたいと思います。

・ボルト(V)
ボルトは回路を流れている電圧(電気の圧力)を指します。分かりやすく言えば水圧と同様で、通常は100V(ボルト)の電圧となっています。
この電圧が足りないと、家電製品は正常に動きません。

・アンペア(A)
アンペアは、回路の中を流れる電気の量のことで、これを電流といいます。
電気の契約などで目にする事が多いかもしれません。

・ワット(ワット)
ワットは電力の事で、実際に電化製品で使われる電気エネルギーの量を指します。
この値が大きいほど、その家電製品は大きな力を出し、電力を多く消費します。

また、これとは別にワットアワー(Wh)という単位も使われます。
ワットアワーは、1時間当たりにどれだけの電力を消費したかを表す事で、通常はキロワットアワー(kWh)で表示されている事が多く、電気料金の請求書などで見る事になると思います。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0800-805-7601

CM

選ばれる4つの理由