コラム

コンセントの増設には資格が必要か

コンセントを初めとする、家庭内の電気設備を増設、または変更する際には電気工事士と呼ばれる資格が必要になります。
何故、この資格が無いといけないかと言うと、電気工事に欠陥がある場合、火災などの災害を発生させる恐れがあるからです。
そういった危険性を防止するためにも、専門の知識を持った電気工事士の資格が必要で、資格の種類2種類あり、第一種電気工事士と第二種電気工事士に分かれます。

第一種電気工事士は、自家用電気工作物で最大500キロワット未満の需要設備の工事のほか、一般用電気工作物と呼ばれる住宅や小規模な店舗などで使用される電気設備の工事を行う事が出来ます。
第二種電気工事士は、第一種と異なり一般用電気工作物の工事のみを担当する事ができます。

こうした資格を持たない人が電気工事を行う事は、火災などの災害を引き起こす危険性のほかに、感電などによる重大な事故の可能性もある為、絶対におやめ下さい。

家庭内の電気設備とはいえ、それが原因で火災が発生すれば家財だけでなく、周辺にお住まいの方々にも多大な迷惑と、最悪の場合は生命を奪ってしまう場合がありますので、電気工事が必要な際には必ず資格を持った電気工事士に依頼しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0800-805-7601

CM

選ばれる4つの理由