コラム

コンセントの向きによって不調がみられる?正しい差し込み方をご紹介

コンセントの向きによって不調がみられる?正しい差し込み方をご紹介

 

普段よく使うコンセントですが、差し込み方に正しい向きがあるのはご存知ですか?基本的に多くの機器では差し込む向きを間違えたからといって影響はないので、普段は気にすることはありません。しかし、一部の機器には少し影響がでてしまうこともあります。

 

コンセントの差し込む向きを変えるだけで、故障もなく快適に安全に機器を使用することができるのですから、正しいコンセントの向きを知っておいて損はありません。今回は、コンセントの正しい向きの見分け方から、コンセントの向きを間違えないよう気を付けてほしい機器についてもご紹介します。

 

誤った使い方で故障してしまうことがないよう、ぜひ正しいコンセントの向きを知って、快適に安全に使用しましょう。

 

 

コンセントの向き!長い方のプラグを大きい差し込み口へ

コンセントの差し込み口といえば、細長い穴が2つ空いていますよね。じつはその穴をよくみると、左が長く、右が短く設定されているのです。

 

機器のプラグも同様に、長い方と短い方があります。コンセントにプラグを差し込む際には、大きな穴に長い方を小さい穴に短い方を入れるようにしましょう。

 

コールドとホット

コンセントの、左の大きい差し込み口のことをコールド(アース)とよび、右の小さい差し込み口のことをホットとよびます。コールドは9mmほど、ホットは7mmほどのサイズです。

 

電気は電池のように直流であれば、マイナスからプラスに流れていきます。しかし、コンセントは交流となるため、ホット側から電気が流れてきてコールド側から電気が戻っていくのです。コールド(アース)には、漏電による感電を防ぐために余分な電気を大地に逃す性質があります。

 

プラグの三角マークを要チェック!

プラグの三角マークを要チェック!

 

プラグの長さをチェックすることで、正しい向きに差し込むことができるとわかりました。しかし、プラグによっては長さの違いがわかりにくかったり同じ長さであったりして、コールドとホットの区別が難しいこともあります。

 

そんなときに見分けられるように、ACケーブルにはコールド側に三角マークがついています。もしくは、コールド側のプラグにへこみがあったりWのマークがついていたりすることで見分けることができるのです。

 

印がついているものを穴の大きいコールド側に差し入れるのが正しい向きですが、まれに壁についているコンセントの極性が逆についている場合があるのです。工事の時点で間違えてしまっているので、その場合には自分で電圧を調べてコールドとホットを見分けなければなりません。この見分け方について、2つの方法をご紹介するので参考にしてください。

 

検電ドライバー

検電ドライバーとは、ドライバー型の中にネオン管が入っており、100Vの通電があるときに点灯する道具です。検電ドライバーをコンセントの穴に差し込んで指でおさえ、そこから電気が人体を流れるので電圧が高い場合に点灯するという仕組みになっています。

 

電圧の高い方がホットで弱い方がコールドなので、点灯した方がホットとなります。検電ドライバーはホームセンターなどで手に入れることができます。なお、タコ足配線などケーブルには使用できないのでご注意ください。

 

検電テスター

車のバッテリーの調子をチェックするときやDIYでも使われる検電テスターでも、コンセントの極性を調べることができます。テスターを交流(AC)に設定し、リード棒の片方を壁についたコンセントのどちらかの穴に差し込んで、もうひとつのリード棒をコンセント横の壁や床にあてます。電圧を測ったとき、高い方がホットです。

 

コンセントの向きに気を付けるべき機械

コンセントの向きが間違っていると、電流がスムーズに流れなくなってしまいます。そのため、余分な量の電流が流れることにより、パソコンやオーディオなどの精密機器に影響がでてしまうおそれもあります。

 

コンセントの向きを間違ったときのデメリット

コンセントの向きを間違えたときにどんなことが起きてしまうのでしょうか?向きを間違えたときに起きやすいデメリットをご紹介します。

 

・パソコン

余分な電流が流れることにより、通信速度や処理速度が遅くなってしまうことがあります。正しい向きで差し込んでいれば余分な電流はアースから流れるため、通信や処理の邪魔を防ぐことでき動きがスムーズになります。

 

・映像(ビデオ)機器

不要な電流が邪魔をして映像の画質が悪くなり、乱れやノイズが起きる可能性があります。正しい向きに差し込むことでノイズは減り、クリアな画質でなめらかな動きの映像が見えるようになります。

 

・オーディオ機器

不要な電流が邪魔をしてしまい、ノイズが起きる場合があります。ノイズが起きると細かい音が聞こえにくくなり、音の立体感が損なわれてしまいます。せっかく性能のよいオーディオ機器であっても力が発揮できません。正しい向きであると余分な電流はアースからでていくので、クリアな音になり、より繊細な音も聞きやすくなります。

 

・感電しやすくなる

コンセントは、正しい向きで差し込んでないと感電しやすくなります。通常であれば右側にあるホットから電流が流れ、左側にあるコールドから電流が流れます。また、余分な電流はコールド側のアースから放出されるようになっています。しかし、差し込む向きが反対であるとホット側にはアースがついていないため、触った本人がアースの役割をしてしまい余分な電流が流れて感電する危険性がありますよ。

 

コンセントに異常?壊れてしまったときは業者に相談

コンセントに異常?壊れてしまったときは業者に相談

 

コンセントの向きや角度を間違えたまま使用していると、余分な電流が流れ続けてしまい機器の故障を招いてしまいます。また、プラグを差し込んでも接触不良により電気が流れない、コンセントがショートしてしまい使えなくなってしまうおそれもあります。

 

ただし、コンセントの中にホコリがたまっているという理由で接触不良を起こしているという可能性もあります。コンセントにホコリがたまったままだと、ホコリに電流が流れることにより発火してしまうトラッキング火災の原因になってしまいます。日ごろから掃除を心がけましょう。

 

また、壁についているコンセントは、通常なら左がコールドで右がホットとなっているはずですが、施工の段階から間違えて逆向きに設置されてしまっているということも少なくないようです。配線が間違えているのか、はたまたコンセントのカバーが間違えているのか確認しなくてはなりません。

 

気を付けて使用すればよいのですが、不便などがあった場合には付け替えも検討しましょう。工事をするには専門の資格が必要で、資格を持っていても慣れていないと個人で対処するのは危険です。ぜひ、コンセントや配線に詳しいプロの業者に相談してみることをおすすめします。

 

まとめ

毎日のように使用するコンセントには、正しい向きがあることがわかりました。普段、コンセントを使用する中で向きを間違えていてもほとんど支障はありません。しかし、場合によっては向きを間違えているとパソコンなどの精密機器の機能を有効に使えないだけでなく、感電の危険性もともないます。

 

プラグの長さとコンセントの大きさをチェックして正しく取り付けるだけで、精密機器のパフォーマンスが向上する可能性があります。また、感電の危険性をなくすこともできるので、一度お使いのコンセントを確認してみてください。

 

もし、コンセントの取付け間違いなどの初期不良により使いにくい場合やコンセントに何か異常がある場合には、できるだけ早くプロに相談して安全快適に使用できる環境を整えておきましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103