コラム

どこにでもあるコンセント

コンセントがまったくないという家は珍しいのではないでしょうか。コンセントの普及率は非常に高く、様々なタイプのコンセントをあらゆる場所で見ることができます。電気を安全に使うためにはコンセントが必要不可欠ですが、そのコンセントに異常があれば、安全に電気を使うことは難しいでしょう。コンセントは時とともに劣化しますし、使用頻度が高ければ高いほど、その速度は上昇します。異常のあるコンセントを使っていると大変なことになってしまうかもしれません。コンセントの異常は、大きく分けて2つあり、外側と内側です。外側であるカバー部分のひび割れや破損は、感電のリスクが非常に高まり、場合によっては多量の電気が体を流れてしまい、重い障害や最悪の場合死にいたることも考えられます。また、内側である通電部分に問題があれば、漏電などによる異常発熱やショートが考えられ、発火したり電化製品が壊れてしまったりすることもあるでしょう。しかし、カバー部分の破損を気にせずそのまま使ってしまう場合や、内部の異常に気がつかないことはよくあることです。火花や発熱など、普段と様子が違った場合、不具合の恐れがありますので、是非点検やコンセントの交換を行ってください。大切なご自宅を守るためにも、コンセントも大切に使っていきましょう!

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0800-805-7601

CM

選ばれる4つの理由