コラム

コンセントの増設費用は?お得に施工するには

コンセントの増設費用は?お得に施工するには

 

コンセントの差し込み口が足りない!コンセントが近くにない!延長コードやタコ足配線をしているご家庭も多いのでは?実はこのたこ足配線、怪我や火災などを起こす可能性があるので危険なのです。

そこで今回は、コンセントの増設についてご紹介します。コンセントの増設といってもどんな方法があるのか。どれぐらいの工事時間と費用がかかるのかなどを詳しくお伝えします。

 

 

コンセントの増設で必要な工事

コンセントの増設には費用や工事方法が異なる4つの方法があります。詳しく見ていきましょう。

 

① コンセントの差し込み口を増やす方法

今あるコンセントの差し込み口はいくつありますか?通常のコンセントであれば、2つタイプをお使いの方が多いのではないでしょうか。そのため、差し込み口が足りずにお困りの場合は、このコンセントの口を、3つ・4つ・6つと増やすことをおすすめします。

 

今あるコンセントの差し込み口を増やすだけなので、工事も短時間で済みます。そして、費用も抑えることができます。

 

② 分電盤から新しい配線をひき、コンセントを新しく設置する方法

今までコンセントがなく、延長コードなどを使用して他のコンセントから配線を引っ張ってきていた方におすすめの方法です。延長コードは、小さなお子さんや高齢者がこけたり、つまずいたりする原因になりかねません。あまりにも、延長コードが長くなる場合などは、新しくコンセントを設置する方がよいでしょう。

 

ただ、新しくコンセントを設置するとなると、壁などの中に分電盤から配線を通す必要があり、費用が高くなったり、工事期間が長くなったりします。壁をめくっての作業が必要となるため、内装工事も別途必要になる場合があるので、確認が必要です。

 

③ 今あるコンセントを分岐させて、新しくコンセントを設置する方法

すでにあるコンセントから新しいコンセントへ壁の中をケーブルで伸ばす方法です。この方法だと、分電盤から配線を一からひく必要がないので、費用を抑えることが可能です。一見、壁の中を通る延長コードのように見えますが、消費電力の少ない家電を差して使用したい場合にはおすすめの方法です。

 

④ ボルト数を変更する方法

エアコンなどのボルト数の大きい家電の設置などの時に必要になる工事です。最近の分電盤だと簡単にボルト数を変えることが可能ですが、古いものだと工事が必要になることもあります。もし、分電盤の工事が必要の場合は別途費用がかかるので、事前に確認しましょう。

 

このように、コンセント増設といってもその方法には、4つのタイプがあります。そして、コンセントの工事は、「電気工事法」という法律があるので、資格をもっている人しか作業はできません。

 

知識のない、資格をもっていない人が無理に作業してしまうと、通電や火災・感電などを起こす危険性があるので、絶対にしないでください。火災になってしまえば、自分だけでなく近隣住民にも迷惑をかけてしまいます。必ず、資格をもった業者に依頼しましょう。

 

工事内容別の費用と所要時間

工事内容別の費用と所要時間

 

コンセントの増設の費用や工事に必要な時間をご紹介します。

 

① コンセントの差し込み口を増やす方法

今あるコンセントの差し込み口を増やす方法です。工事時間は約30分で完了します。費用は、数千円以内で済むことが多いです。しかし、消費電力が多くなる場合は、分電盤から専用の配線をひく必要があります。

 

② 分電盤から新しい配線をひき、コンセントを新しく設置する方法

分電盤から一から配線をひく方法です。専用の配線をひくので、消費電力が多い家電を使用する場合に適しています。工事時間は約1時間から可能です。ただ、コンセントの設置場所と分電盤の距離によっては異なるので注意が必要です。費用は、数万円からとなっており、配線に伴う壁紙の張替えなどの内装工事が必要な場合は別途費用が掛かることもありますので、事前に確認しておきましょう。

 

③ 今あるコンセントを分岐させて、新しくコンセントを設置する方法

壁の中を延長コードが通すのと同じことなので、消費電力が多い家電を使用するときには適していません。携帯電話の充電などに使用する場合に適しています。工事時間は約1時間で、費用は数万円からとなっています。ただ、こちらも既存のコンセントから新設するコンセントまでの距離などで時間や費用は異なります。事前に確認しましょう。

 

④ ボルト数を変更する方法

エアコンなどの消費電力が多いものを設置するときに、多い工事内容です。最新の分電盤であれば工事不要で、簡単にボルト数を変更できます。しかし、古い分電盤の場合は工事が必要であり、高額な作業になるで、必要な作業なのか依頼前に確認しておきましょう。工事時間は1時間程度必要です。

 

コンセント増設費用を抑えるために

コンセントの増設の費用を抑えるためのコツをご紹介します。

 

・複数社に見積りを出してもらい、比較する

まず、コンセントをどこに増やしたいのか確認しましょう。室内が屋外か、住宅の何階に増やしたいのかなども費用に関係してきます。住宅の構造によっても、金額が高くなることもあるので、何社もの見積りを出してもらい比較することをおすすめします。業者によっては、出張費など追加で加算される料金がある場合があります。事前に、追加費用がかからないかなども確認しておきましょう。

 

・内装工事が必要な場合にアクセントクロスを使用する。

分電盤から新しく配線をひいたり、既存のコンセントから配線を伸ばしたりする方法の場合、壁紙をはがします。そのため、壁紙を貼りなおす費用が高くつく場合があります。そこで、アクセントクロスを使用する方法をおすすめします。ワンポイントになるクロスを選べば、全面張り替える必要がないので、さらに費用を抑えることができます。

 

・配線図面を保管しておく。

電気の配線がどのように家を通っているかが分かる図面があれば、スムーズに工事ができます。図面がない場合は、すぐに調べることも可能ですが、費用がかかる場合もあるので注意が必要です。住宅を建てたときの図面に記載されているので、保管しておくことをおすすめします。

 

・配線を壁の中でなく、壁の外を通す露出配線にする。

断熱材や防水シートがあるために、配線が壁の中を通せない場合にする方法です。壁の外をはうように配線をひくことで、内装工事も不要になります。

 

コンセント増設をするならここ!設置に適した場所

コンセント増設をするならここ!設置に適した場所

 

コンセント増設の費用や工事方法などをご紹介してきました。ぜひ、コンセントを増設するならおすすめの場所をお伝えします。

 

・リビング

リビングはテレビを設置してあり、DVDプレーヤーなど録画機器などもたくさん周辺にあります。そのため、テレビを設置する場所には多くのコンセントが必要になるでしょう。差し込み口が多いコンセントを選ぶことをおすすめします。

 

また、テレビの裏にはホコリがたまりやすいです。そのため、漏電や火災防止のために、シャッター付のコンセントを選ばれるとよいでしょう。

 

そして、リビングは家族が集まる場所です。テレビ以外にも、音楽プレーヤーや間接照明なども使用したい方もいるかと思います。そのため、部屋のすみに数か所コンセントを設置しておくと使用しやすいです。

 

・キッチン

キッチンには、冷蔵庫や電子レンジ・炊飯器などたくさんの家電があります。そのため、多くのコンセントが必要となるでしょう。どこにどの家電を設置するかを確認することで、延長コードを使用しないでも使用しやすくなります。

 

また、キッチンは水を使用する場所です。そのため、漏電防止のコンセントを設置する必要があります。そして、家電や食器棚などの高さなども配慮してコンセントの位置を決めるとよいでしょう。

 

食事中にホットプレートなどを使用するご家庭では、ダイニングテーブルの下に収納型のコンセントを設置すると便利です。そして、それらは消費電力が大きいので、分電盤から独立して配線しておくことおすすめします。

 

まとめ

コンセントの増設の費用や工事方法には、さまざまな方法がありました。どこに、どのように増設したいのかを確認し、工事方法を決めるとよいでしょう。ただ、コンセントの増設工事には資格が必要です。そのため、コンセントの増設をお考えの方は業者に依頼しましょう。そして、費用を抑えるために複数社に見積りを依頼することをおすすめします。

0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。