コラム

コンセントから火花が出る原因は?その危険性と対策

コンセントから火花が出る原因は?その危険性と対策

 

コンセントから火花が発生したという経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?突然火花が出ると驚いてしまい、火事が起きたらどうしようと心配になってしまうことでしょう。コンセントから火花が出る原因は様々です。今回は火花が出る原因だけでなく、注意点や対策法をご紹介します。日常生活で欠かすことのできないコンセントだからこそ、原因をしっかり把握し、対策を施すようにしましょう。火事などのトラブルを防ぐためにもコンセントの使い方は重要です。




なぜコンセントから火花が出るのか

コンセントから火花が出る原因は様々です。コンセントには汚れが付着することが多く、その中には電気を通しやすいものもあります。例を挙げると、髪の毛やホッチキスの針などです。これらがコンセントに付着していると、電気がそちらにも流れるためショートを引き起こします。突然大きな電流が流れるため、火花が発生するのです。状況によってはコンセントが焦げてしまうため、注意しましょう。


機器の電源を切らず、スイッチを入れたままの状態でコンセントの抜き差しをおこなうと火花が発生します。スイッチが入った状態だと、コンセントに差し込んだ瞬間に電気が流れ、火花が散ります。 日頃から電源の入切を確認し、問題の発生を未然に防ぐよう注意してください。


たこ足配線など、いくつもの機器のコンセントを同時に挿している場合も火花が発生しやすくなります。たこ足配線で使用していると、一度に大量の電気を使用するため火花が発生しやすくなるのです。複数口のタップを壁に挿している場合も同様に火花が出やすくなるため注意しましょう。電圧の変化も火花の出る原因のひとつです。一般的な家庭用電圧は交流になっているため、常時電圧が変化しています。低電圧時であれば問題は発生しませんが、高電圧時にプラグを差すと、火花が発生することがあります。


トラッキング現象にはとくに注意が必要!

トラッキング現象にはとくに注意が必要!

 

トラッキング現象という言葉を耳にしたことはありませんか?コンセントから火花が発生する原因のひとつにこのトラッキング現象が考えられます。トラッキング現象とは、コンセントとプラグの隙間に溜まったホコリが、空気中の湿気を吸収することで漏電を起こし、発火する現象です。


トラッキング現象が発生するとコンセント周辺が焦げ、最悪の場合は火事になる恐れもあります。昔から同じ冷蔵庫や洗濯機などの大型家電を使用している場合は、ホコリが溜まっていることが多いため、トラッキング現象が起こる可能性も高くなります。トラッキング現象はホコリと湿気によって引き起こるため、湿気の多い梅雨時はとくに注意が必要です。


トラッキング現象はコンセントの抜き差し時だけでなく、なにもしていないコンセントから自然発火する場合があります。スイッチの入切とも関係なく、発火するタイミングも分からないためとても危険です。自宅に誰も居ない状態で起きてしまえば、最悪家が全焼する可能性もあるため注意しましょう。トラッキング現象が起きやすい場所もいくつかあります。


・タンスの裏など、コンセントが死角にある場所。
・台所や水槽など水回りで湿気の多い場所に設置されているコンセント。
・テレビや冷蔵庫、洗濯機などの長年挿しっぱなしになっている大型家電。


火花の発生を防ぐ対策をご紹介!

いかに小さな火花であっても、そのまま放置しておくのは避けた方がよいです。ほとんど被害を受けない場合もありますが、最悪火事になる危険性もあります。未然に対策を施しておくことで安心してコンセントを使用することができるでしょう。


火花が発生する主な原因はホコリの溜まりによるものです。そのためコンセントにホコリが溜まらないよう注意することが最も重要な対策になります。普段からコンセントとプラグの間に隙間ができないよう奥まで差し込み、ホコリの溜まる場所を作らないようにしまよう。現在ではコンセントに直接取り付けることでホコリの侵入を防ぐ商品があり、比較的安価で購入することが可能です。手間もかからないため、心配な方は試してみてもよいかもしれません。


コンセントとプラグの掃除を定期的におこなうことも対策のひとつです。電源プラグを掃除する際は、乾いた布で付着しているホコリを取り除くようにしましょう。コンセントに付着しているホコリは少々取り除くことが困難です。そのためエアダスターなどを使用し、ホコリを飛ばすとよいでしょう。



コンセントが焦げたら修理が必要?

コンセントが焦げたら修理が必要?

 

コンセントからの火花や、トラッキング現象の発生によってコンセントが焦げてしまった場合は修理をおこなう必要があります。コンセントは焦げてしまうと熱を通しやすくなるため、発火する危険性がより高くなるのです。


しかし、コンセントの修理をおこなう際は「電気工事士」という特別な資格が必要になります。接続の間違いや締め付けなど、誤った方法で作業をしてしまうと、コンセントが過熱され火事の原因にもなりかねません。コンセントの修理をおこなう際は、電気のプロに依頼するようにしましょう。経験豊富なプロに依頼することで心配事も減り、スムーズに作業をおこなってもらうことができます。



まとめ

コンセントから火花が出る原因は様々です。それぞれの原因を理解しておくことで対策を施すことができるでしょう。とくにトラッキング現象の発生には注意しなくてはいけません。ホコリを取り除くなど日頃から意識しておくことで発生を未然に防ぐことができます。定期的な掃除だけでなく、現在は火花の発生を防ぐための道具も販売されているので、それらを使用するのもひとつの手段です。火花の出る原因をしっかりと理解することで、トラブルが発生しても速やかに対処することができるでしょう。


0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。