コラム

コンセント増設の誤解

私達の身の回りには、様々な電気機器が存在します。それだけでなく、生活を続けている内に更に電気機器が増えていくこともあるでしょう。そうなりますと、コンセントが足りなくなる事があります。実際に何年も生活してみて初めてコンセント不足を感じるケースは多いです。そのような時は、新たにコンセントを増設することをおすすめいたします。

しかし、コンセントを増設してからブレーカーが落ちやすくなったという話も聞かれます。業者の施工ミスという可能性もありますが、それ以外にも原因が考えられます。
それは、電気の使いすぎです。誤解される事がありますが、コンセントをいくら増設したとして、使用できる電気の量は変わりません。各家庭で使用できる電気の量は電気会社との契約によって定められており、分電盤のアンペアブレーカーに記載されています。コンセントを増設して多くの電気機器を使用している内に、契約時の電気容量を上回ってしまいますと、たちまち停電が起きてしまいます。

これを防ぐためにはコンセントを増やすのではなく、電気会社と契約をし直し、電気の容量を上げ、それに見合った分電盤に交換する必要があります。しかし、特定の部屋のみでブレーカーが落ちてしまうという場合には、分電盤からの回路を配線し直す事によって解決できる場合があります。技術力のあるコンセントのプロならば、コンセント増設の際もバランスを考えて配線してくれます。どうしても電気容量が足りない時は契約の見直しが必要ですが、そうでなければ配線方法のみで対処してもらうようにしましょう。

0800-805-7601

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7601

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0800-805-7601

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。